Visceralのゲーム、主人公の相棒は女ガンスリンガー


Visceral Gamesが現在開発中のスター・ウォーズのゲームに関して、ストーリーのリーク情報が最近明らかになっているのですが、今回の記事では主人公の頼れる相棒となる人物の情報を取り上げます。

現在Visceral Gamesが製作しているというスター・ウォーズのゲーム(コードネームは”Project Ragtag”)は、アンチャーテッドシリーズをつくったAmy Henningがディレクターとシナリオを担当しています。

関連記事:
Visceral Gamesが開発のゲーム、ストーリーやキャラクター情報などがリーク
Visceral Gamesの”Project Ragtag”、ストーリー詳細と惑星オルデランの重要性

前回の記事では主人公”Dodger”について詳しく取り上げたのですが、今回は彼の相棒となる人物についてのリーク情報を紹介します。

ストーリーの中心はDodgerを軸に展開するものの、彼の相棒”Robie Mattox”もまた重要人物としてストーリーに大きく関わっていきます。 Project Ragtagのリリースは2018年を予定しているのですが、この Robie Mattoxをいう人物についてはその続編でさらにそのストーリーが掘り下げられる可能性があるといいます。

Robie Mattoxの背景

©EA / Visceral Games – DodgerとRobie、the Rangクランとの交渉シーン

Robie Mattoxは30代前半の女性で、Dodgerが犯罪行為をおこなうにあたってのパートナーとなる人物です。彼女はガンスリンガーで、非常に態度がでかいという性格なのですが、Dodgerが信用している数少ない人物の1人です。DodgerはRobieの人間性だけでなく、彼女の戦闘スキルにもまた信頼を置いています。

Robieはメインヒーローとしてストーリー上重要な役割をになうのですが、彼女についてはそれだけでなく、将来の続編にてさらにそのストーリーが拡大する可能性もあるといいます。

彼女は幼い頃に両親を失い、その後は流れ者の犯罪者一家に引き取られそこで孤児として育ちます。

またRobieはドロイドを大変嫌っているという問題をかかえています。人工生命体は彼女にとって気味が悪いのです。惑星タトゥイーンのカンティーナ酒場のWuherと似たような考え方の持ち主です。そのためDodgerのフィールドメディックのドロイドと衝突することが予想されます。

Robieの外見

コンセプトアートでは女優のNatalie MoralesがRobieとして描かれているのですが、実際のゲーム内でも彼女がRobieを担当しているかは判明していないとのことです。コンセプトアート描いたアーティストが単にNatalie Moralesの外見が気に入ったからなのか、それとも製作のある時点で
実際にこの女優が選択肢として浮上したという可能性もあります。

Robieのコスチュームは身体にフィットしたレザージャケットに、白のVネックのシャツです。パンツは黒でハン・ソロが身に着けていたようなホルスターが右足に装着されています。

彼女はDr. Aphraと似たような帽子をかぶっていることがあり、また別の場面では『ジェダイの帰還』のエンドアでの反乱軍の帽子と似ているものをかぶっています。

またスナイパーライフルを手にしていることもあるといいます。基本的にこの人物はDr. Aphraの外見やフィーリングと非常に似たものをもっているそうです。

©Marvel/ Lucasfilm

DodgerとRobie、ふたりの友情

主人公Dodgerはジャバザハットに雇われて、犯罪グループ”the Rangクラン”のNo.2の娘、Oona Sableを誘拐することになるのですが、Robieはこの時Dodgerに上手く言いくるめられて、彼を助けることになります。

Robieはこれが良いアイデアではないことを知っていたのですが、2人の友情関係が離れられない状況を作り出します。そして危険な状況においても、彼らはウィットとユーモアのセンスを忘れません。2人の間での友情や軽口を言い合ったりする様子は、Dodgerの船内におけるクルーの雰囲気をよく表しているといいます。

©EA / Visceral Games

©EA / Visceral Games

©EA / Visceral Games

関連記事:
Visceral Gamesが開発のゲーム、ストーリーやキャラクター情報などがリーク
Visceral Gamesの”Project Ragtag”、ストーリー詳細と惑星オルデランの重要性

Source: MSW