『最後のジェダイ』レン騎士団が登場しなかった理由、ライアン・ジョンソン監督が説明


『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、最近おこわなれたポッドキャストのインタビューに登場し、その中でレン騎士団(ナイツ・オブ・レン)が登場しなかった理由についても言及しています。

ちなみにレン騎士団については、『最後のジェダイ』でついに登場するとの噂は以前からあり、初期のリーク情報には「レン騎士団がオクトーのルークとレイを襲撃する」というものまで浮上しています。その後、スノークのプレトリアン・ガードの姿が披露されて以降は、プレトリアン・ガードとレン騎士団との関連性もファンの間で話題にあがっていました。

このようにレン騎士団の登場はとても期待されていた要素のひとつなのですが、残念ながら今作でも姿を現すことはなく、そのため多くのファンが「いったいレン騎士団はどうなったのか?!」と気になったかもしれません。

ライアン・ジョンソン監督の説明

今回、ライアン・ジョンソン監督はレン騎士団について説明していて、それによると「ストーリーには既にたくさんのものが詰め込まれていたため、彼らを登場させるだけの十分な余裕がなかった」としています。代わりに、ルークのセリフの中で”ベンに付いていった弟子たち”について言及させ、彼らとレン騎士団の関連性をほのめかす、というルートを選択したようです。

またプレトリアン・ガードの代わりにレン騎士団を使うという選択肢もあったのですが、”カイロ・レンとレン騎士団との繋がり”をあのスノークの王座の間のシーンでは生かすことができないと判断し、レン騎士団を登場させることは見送ったとのことです。

プレトリアン・ガードの箇所で彼らを使うことはできた。だけど、あの場所では全員が死ななければならず、そうなると彼らの機会を無駄にしてしまうような気がした。

それに、もしカイロと彼らがなんらかの繋がりがあるのであれば、お互いの間に複雑な関係性があるはずで、それをあのシーンで生かすことはできなかっただろう。

©Disney / Lucasfilm

私としても、レン騎士団は”カイロ・レンと行動を共にするグループ”というイメージあり、スノークのためにカイロと戦うというシナリオは相応しくないという感想です。そのため、ライアン・ジョンソン監督の説明にはとても納得できます。

その代わりに監督は、「ルークの元弟子のうち数名がベンに付いていった」というシナリオを選択し、今後の展開に楽しみな要素を残してくれました。

ルークのジェダイ・オーダーでトレーニングしていた元弟子たちのフォース能力はどの程度なのか。ライトセーバーのスキルは?カイロ・レンと考えは一致しているのか。そしてスノークのもう一人の弟子との間でどういった展開に繋がるのか…。

©Disney / Lucasfilm

J.J.エイブラムス監督はレン騎士団の生みの親でもあるため、エピソード9でレン騎士団が姿を現す可能性は非常に高いといえます。これは間違いなくEP9での一番の注目ポイントになりそうです。

Source: MOVIEWEB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。