『最後のジェダイ』スノーク護衛隊”プレトリアン・ガード”、ピンボールゲームに登場


『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』の注目ヴィランになるであろうスノークの護衛部隊”プレトリアン・ガード”。発売予定の卓上ピンボールゲームでも登場し、その気になる姿を確認することができます。

今回発見されたのはWalmartのオンラインストアで、『最後のジェダイ』のピンボールゲームの紹介画像がすでに掲載されています。

©Disney / Lucasfilm


©Disney / Lucasfilm


©Disney / Lucasfilm

プレトリアン・ガード

©Disney / Lucasfilm

3人のプレトリアン・ガードの姿が映っているのが確認できます。それぞれのメンバーは異なる武器を装備していて、また各自のヘルメットもそれぞれ独自の形状をしています。

皇帝パルパティーンのロイヤルガードも真っ赤なアーマーを身にまとっていたのですが、彼らが装備する武器とヘルメットは全く同じものでした。

それと比較すると、スノークのプレトリアン・ガードは各自のメンバーに個性があることが特徴的です。

今回映っているメンバーが装備している武器は、ブレード、ロングソード、そして残りの1人が手にしているのはヌンチャクのようにもみえます。

そして少し分かりづらいのですが、画像左のロゴの下に位置する煙がスノークの顔だそうです。最初に気付いた人凄いですね。自分には無理でした。

©Disney / Lucasfilm

スノークのガード部隊がこれだけ様々な商品で特集されている一方、レン騎士団が一切登場しないことを考慮すると、やはり『最後のジェダイ』でレン騎士団が登場する可能性は低いかもしれません。

©Disney / Lucasfilm


©Disney / Lucasfilm

もしかすると、過去のルークのアカデミーが崩壊した日にすでにルークによって全滅させられた、あるいは騎士団がスノークの護衛隊”プレトリアン・ガード”に昇格したということも考えられます。

ただし前作のようにレイがフラッシュバックを体験するシーンがあることは十分考えられ、ルークの過去を追体験するかたちで騎士団との対決シーンが見られるとすれば、かなり盛り上がる場面になりそうですね。

©Disney / Lucasfilm


©Disney / Lucasfilm

カイロ・レン、ファーストオーダー

©Disney / Lucasfilm

カイロ・レンが騎士のようにひざまずき、クロスブレードのライトセーバーは地面に向けられています。こちらも少し分かりづらいのですが、カイロ・レンのヘルメットも確認できます。

©Disney / Lucasfilm

そして画面右にはキャプテン・ファズマが描かれ、中央には今作『最後のジェダイ』でファズマが引き連れているとされる”Executioner Stormtrooper”の姿が映っています。手に掲げているのは斧のような武器で、エッジの部分にはエレクトロニック・フィールドが流れているとされます。

©Disney / Lucasfilm

ルークとレイ

©Disney / Lucasfilm


ルークは険しい表情を浮かべ、視線は前に向けられています。

そしてレイのコスチュームは黒のものであることが分かるため、おそらくこのバージョンのレイは映画終盤の姿であることが考えられます。

R2-D2とPorg

画像の左下にはR2-D2の姿が確認でき、その周りには今作に登場する生き物”Porg”も映っています。頭の上に乗っているのが可愛いですね。

リーク情報によると、Porgはフォースに対する感受性があり、島のガーディアンのような存在であるといいます。Porgは島に数多く生息していて、ルークはこの生物と共同生活を送っているのだそうです。

おそらく今作のイウォークの役回りを演じることになるとみられます。見た目は可愛いのですが、少し恐ろしい場面もあるとのことで、メイキング映像でもよく見るとPorgは鋭い牙をもっていることが分かります。

©Disney / Lucasfilm

R2-D2、チューバッカ、Porgの三者の関係性は映画内でそれなりの存在感があり、R2-D2は親密なる一方、チューバッカはこの小さい珍獣を煙たがるといいます。

それにしてもPorgは可愛いやつですね。早く動く姿が見たいです。

水没したX-WIngか

©Disney / Lucasfilm


さらに気になる点をひとつあげると、ピンボールの画像下には水没したX-Wingが映っていると指摘されています。

どうです、分かりますか?

そう言われるとたしかにX-Wingのようにもみえます。機体の先端からコックピットまでの形状、エンジン部分もあり、そこから翼の部分に広がっています。

仮にこれがX-Wingだとすると、持ち主は明らかにルークということになるわけですが、当然気になるのがこの背景にある理由です。

ルークは惑星アク=トゥーに到着した際、不時着のようなかたちでクラッシュ・ランディングして、そのまま水没してしまったのでしょうか。それともルークにはなんらかの意図があり、自分のX-Wingを海の下に隠した、あるいは放置したということも考えられます。

ここで思い出されるのは『エピソード5 / 帝国の逆襲』で、ヨーダが沼に沈んだX-Wingをフォースで持ち上げてみせたシーンです。

あのシーンを彷彿とさせる場面が再び起きそうな予感がします。

ちなみにメイキング映像ではレイが海に飛び込む撮影の様子もみられます。さらにリーク情報によると、レイは海の怪物と戦うシーンもあると噂されています。水没したX-Wingと海の怪物、この2つの要素は関連しているのでしょうか。

『最後のジェダイ』惑星アク=トゥーに住む海の怪物の姿

リーク情報ではルークはコンパスを所有していて、それを収納している箱はルークが手をかざすと開く仕組みだといいます。

『最後のジェダイ』ルークの不思議な装備品

この辺の情報は非常に複雑で、これらの要素がストーリー上どうやって発展していくことになるのか、今の時点で予想するのは難しいです。

Source: SWNN