『最後のジェダイ』ライトセーバーに新たなカラーが登場、ライアン・ジョンソン監督がヒントを


Parade誌の『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』特集の中で、とても興味深い記述が発見されました。

今回の特集記事では映画の基本的な背景情報が説明されているのですが、「ライトセーバー101」(初級編)の項目では、今作にはブルーのライトセーバー、レッドのライトセーバー、そしてこれに加えて第三のライトセーバーのカラーが存在することがほのめかされています。

しかもライアン・ジョンソン監督によると、どうやらこれは新色のライトセーバーのようです。

ライトセーバー 101

©Disney / Lucasfilm

レイはブルーのライトセーバーを使う。カイロ・レンはレッドだ。そしてライアン・ジョンソン監督は、新しい色が目撃されるかもしれないとほのめかしている。

うーん、これはかなり気になる発言ですね。ライアン・ジョンソン監督の上記の言葉をそのまま素直に解釈すると、グリーンやパープルなどのこれまで存在した既存のカラーではなく、全くの新色が『最後のジェダイ』で披露されることになりそうです。

一応これまでの映画内で存在しているライトセーバーの色のバリエーションを挙げると、

  • ブルー
  • グリーン
  • レッド
  • パープル
  • イエロー

今思いつく限りでは、だいたいこんな感じです。これに加えて、アニメシリーズでは「ホワイト」と『ブラック』も登場しています。

仮に上記とは別の新色だとすると、可能性としては

  • ゴールデン
  • ピンク

スノークは金色のローブを身にまとっているため、ゴールデンはスノークにとってテーマカラーのような雰囲気もあります。

またピンク色については、実はスノークのガード部隊”プレトリアン・ガード”が使用している武器には、武器の刃(エッジ)の部分にライトセーバーのようなエナジーフィールドが流れていることが説明されていて、以前のリーク情報によると、この色がまさにピンクであることが伝えられています。そうなると、ライトセーバーの新色がピンクという可能性も十分にありえます。

©MSW

©Disney / Lucasfilm

さらにスノークの指には、何か意味ありげな黒のリング(カイバークリスタルか?)が装着されていることも発見されています。そうなるとブラック色の”ダークセイバー”ということありそうです。個人的にはこれが本命かな?と思っています。

Source: imgur


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です