『最後のジェダイ』ルークの首に赤いレックレス、カイバークリスタルの破片か


以前に『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』ではルークが赤いネックレスを身につけているとのリーク情報が流れ、それがダース・ベイダーのライトセーバーから回収されたカイバークリスタルなのではないかという噂が伝えられました。

『最後のジェダイ』考察:ダース・ベイダーのライトセーバー、ルークが持ち去る

正確にいうと、撮影現場でルークがネックレスを身につけているのが目撃されていて、それが赤い宝石が付いているものだったというレポートでした。そこから先のダース・ベイダーのライトセーバーの可能性は噂レベルなのですが、非常に興味深い考察だと思います。

そして今回FUNKOの各種キャラクターの画像が公開され、それによるとルークのFUNKO人形が赤いネックレスをしていることが確認できます。

©Disney / Lucasfilm

これは以前のリーク情報を裏付けるもので、『最後のジェダイ』で登場するルークはこのネックレスを首に下げ、姿をみせることになります。

ダース・ベイダーのライトセーバーの可能性

当然気になるのが、ネックレスにあるこの赤い宝石は一体何なのかということでしょう。

ルークの衣装は比較的簡素で、それだけに首にぶら下がる赤い宝石の存在は際立ちます。正直言って、これが単なるデザイン上の小道具だとは考えづらいものがあります。

以前の記事(4月25日)ではこれがダース・ベイダーのライトセーバーから回収されたカイバークリスタルなのではないかと伝えたのですが、実はこの可能性を疑問視する状況証拠も存在し、正直ベイダーのカイバークリスタル説は難しいかもしれません。

  • 『ジェダイの帰還』でルークはベイダーの腕を切り落とし、ベイダーのライトセーバーはシャフトに落ちていった。
  • ルーカスフィルムのPablo Hidalgoは、ベイダーのライトセーバーはあの日破壊されたと説明

つまり少なくともオリジナル三部作でダース・ベイダーが使用していたライトセーバーは、あの決闘シーンで失われ、そのままデススターと共に破壊されたというのが公式設定のようです。

©Disney / Lucasfilm

しかしそれでもベイダーが別のライトセーバーを所有していた、あるいはライトセーバーは破壊されたがその一部を何らかの方法で回収することができ、そこからカイバークリスタルを取り出したという可能性は残されています。

ルークがベスピンで失くしたライトセーバーも、長年失われたものと考えられていたのですが、続三部作で突如登場したことを考慮すると、宇宙空間を漂っていたシスアーティファクトが巡り巡って誰かの手の元にたどり着く…。そういった可能性はゼロではないかもしれません。

別の可能性

個人的にはおそらくベイダー以外の誰かのライトセーバーから取り出されたカイバークリスタルである可能性が高いと考えています。

考えられる可能性としては

  • ルークのライトセーバーが赤く変色した
  • ベン(カイロ・レン)のライトセーバーの一部

現在Marvelで連載中のダース・ベイダーのコミックによると、シスの赤いライトセーバーの秘密はこう書かれています。

皇帝パルパティーン:

カイバークリスタルは生きている。他の生きとし生けるものと同様、苦痛を感じることができる。

クリスタルに苦痛を注ぎこみ、そしてある時ついに、苦しみがそれ以上耐えられないまでに達し…美しいクリムゾンとなる。お前自身の怒りの色だ。

©Marvel / Lucasfilm

上記の設定は正史と考えられるため、これを考慮すると次のようなセオリーが成り立ちます。

セオリー1:

  • ベンはルークのライトセーバーを盗み、ルークのアカデミーが崩壊した日にそれを使用した。
  • カイバークリスタルはある段階で苦痛の臨界点に達し、ルークのグリーンのライトセーバーは赤く変色した。
  • その後ルークはカイロ・レンと戦い、ライトセーバーはその時に破壊された。
  • ルークは自分に対する戒めとして、カイバークリスタルの破片を身につけることにした。
  • ルークは赤いカイバークリスタルをグリーンに戻す方法を探している。
  • その日までライトセーバーを握らないと決めている。

セオリー2:

あるいはルークのライトセーバーではなく、ベン個人のライトセーバーが赤く変色したというルートも考えられます。そしてそれをルークが破壊し、そのカイバークリスタルの破片をネックレスとして身につけているというものです。

ルークのライトセーバーの目撃証言はない

©Disney / Lucasfilm

撮影現場を目撃した人たちの証言によると、マーク・ハミルがライトセーバーを持ち歩いている場面は一度も確認されていないといわれています。

セオリー1のルートで、もし仮にルークがライトセーバーを失ったとすれば、撮影現場でマーク・ハミルがライトセーバーを持っていなかったということに説明がつきます。そうなると、ルークがもし再びライトセーバーを握るとなれば、自分で新たなものを作成しなければなりません。

あるいはセオリー2のルートのように、ルークのネックレスが弟子時代のベンのライトセーバーが変色したものだとすると、ルークは自分のライトセーバーをどこかに保管していることになります。

『最後のジェダイ』の終盤、クライマックスに差し掛かる辺りでルークが決心し、再びライトセーバーを握ることを決断する…。やはりこういった展開が期待されます。

©Disney / Lucasfilm

Source: funkopopnews