『最後のジェダイ』日本のパンフレットが少しネタバレ! ”衝撃的な真実”とは


今年12月に公開予定の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のストーリーの行方は誰もが気になるところですが、日本向けのプロモーション用のパンフレットから少し気になる記述が見つかっています。

日本向けのパンプレットにはこのような記述があります。

“シリーズ史上最も衝撃的な真実が明かされる”

果たして”衝撃的な真実”とは一体どんなものなのでしょうか。

日本向けのパンフレットより引用

最新作『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』。

それは、ハン・ソロの死によって、NEWジェネレーションへと引き継がれた鮮やかな<光と闇><善と悪>の壮大なドラマ。

独裁をもくらむファースト・オーダーと、抵抗するレジスタンスが戦う世界で、フォースの力に目覚めたヒロイン、レイ。

レイとジェダイの騎士唯一の生き残り、ルーク・スカイウォーカーが出会う時、銀河に何が?

そして、父親ハン・ソロを自らの手で殺し、フォースの暗黒面へと堕ちたカイロ・レン。

祖父ダース・ベイダーの跡を継ぐ者として、ファースト・オーダーで頭角を現す彼の野望の行きつく先は?

さらに、レジスタンスを率いるカイロ・レンの母親レイアと、ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとは?

ついにドラマは動き出し、謎が謎を呼ぶクライマックスの絶頂へ…。

©Disney / Lucasfilm

カイロ・レンに関する記述が特に気になります。これまでのカイロ・レンは、フォースのライトサイドからの誘惑を感じるなかでその狭間で苦しむという精神状態でした。

ダース・ベイダーの思想に傾倒し、フォースの力に取りつかれていたのがカイロ・レンだったのですが、『最後のジェダイ』の彼には何らかの野望が芽生えたのでしょうか。

ファースト・オーダーで頭角を現し、軍隊の力によって何かを成し遂げようとすることも考えれらます。

今作『最後のジェダイ』には”メガ・デストロイヤー”と呼ばれる巨大艦隊が登場すると噂されていて、カイロ・レンのTIEファイターもそこから出撃することが予想されます。

©Disney / Lucasfilm / John Burns

『最後のジェダイ』カイロ・レンのTIEファイター、ダース・ベイダーの影響か

『フォースの覚醒』でのカイロ・レンはライトセーバーの騎士としての場面だけだったのですが、『最後のジェダイ』ではパイロットシーンも披露されることになるでしょう。

カイロ・レン自らがTIEファイターに乗り込むということで、映画内にはレジスタンスとのドッグファイトシーンがあるのか期待が高まります。

考察: 衝撃的な真実とは

“シリーズ史上最も衝撃的な真実が明かされる”

正直これを読んだとき、ダース・ベイダーがルークに自分が父親であることを告げたシーンを連想しました。スター・ウォーズの”シリーズ史上最も衝撃的な真実”と聞けばあのシーンを思い浮かべるでしょうし、まさしくあれがこれまでで一番の衝撃的な真実でした。

しかしパンフレットに書かれた宣伝用文句によると、さらにそれを超えた衝撃的な真実が『最後のジェダイ』には用意されていることになります。

“シリーズ史上最も”という部分はさておき、少なくとも映画内にはかなりの衝撃的な真実が明かされる場面があるということだけは確かです。

となると次に気になるのが、その”衝撃的な真実”の中身でしょう。

可能性としてはいくつか考えられます。

  1. レイは”選ばれし者”。ダース・ベイダーの生まれ変わり
  2. アカデミー崩壊にルークも加担した。スノークの力に影響されたか?
  3. ルークの弟子たちの一部がジェダイ・オーダーの原理主義者になった。意見が異なるメンバーと対立。”選ばれしもの”はそのとき殺害され、カイロ・レンはアカデミーを見放す
  4. カイロ・レンは「ハリーポッター」のスネイプと同じ役割。スノークの秘密を探るため、ルークのために行動している

セオリー1

個人的には1のセオリーに関しては眉唾モノだと思っていたのですが、衝撃的な真実といわれるとどうしてもこのようなことが浮かんでしまいます。

やはりオリジナル三部作の出来事、ダース・ベイダーがルークの父親であるという驚きの事実があるため、今作『最後のジェダイ』にも同じ系統のサプライズが用意されているような気がしてなりません。

もしレイがカイロ・レンに

「私はアナキンの生まれ変わりだ」

と告げたら。

あるいはレイはルークが自分の父親だと考えている。しかしそんなレイに対してルークが

「No you are my father」

と真実を伝えたら…映画を見ている人は衝撃を感じるかもしれません。

セオリー2

スノークが強力なダークサイドの力を有することは想像がつきます。

『スター・ウォーズ』スノークの正体、遠い未知の銀河系から来たダークフォース

例えばルークの弟子たちがスノークのパワーに知らないうちに影響され、彼らの思想が歪められていった。そしてカイロ・レンと弟子たちが反旗を翻したとき、ルークは彼らと対決せざるを得なくなったとしたら。

ルークの弟子たちを殺害した人物こそがルークで、アカデミー崩壊に少なからず加担してしまったという展開は、ファンの予想の裏をかくサプライズだといえるでしょう。

the-last-jedi-luke-in-black-costume

©Disney / Lucasfilm

これまでの予想としては、カイロ・レンによってアカデミーが崩壊したことにより、ルークは従来型のジェダイ・オーダーの教えに対して疑念を抱くようになり、惑星アク=トゥーで過去のジェダイの歴史を学んでいたというものでした。

しかしアカデミー崩壊以前からルークがジェダイ・オーダーに関して不信感を持っていたという可能性も考えられます。そしてアカデミー内で問題が生じていたにもかかわらず、ルークはそれを収めることが出来なかった。結果的にルークの行動がアカデミー崩壊を招いたしまったとしたら。

ルークはスカイウォーカーの血統の危険さを思い知り、惑星アク=トゥーに独りで過ごすことを選んだとしても当然かもしれません。

セオリー3

これは個人的には最も気に入っている予想です。

過去の三部作、エピソード1 – エピソード3でも描かれていましたが、やはり映画の結論としては“ジェダイ・オーダーには重大な欠陥がある”、そしてジェダイ組織は失敗に終わったというものだったと思います。

仮にルークのアカデミーでも同様の問題が起きていたとしたら。例えば旧来のジェダイ思想を実践するあまり、フォースの素養の強い幼い子が発見された場合、親から引き離し連れてきた…。

あるいは恋愛の禁止を主張する一派がアカデミー内に現れ、既に家族を持つメンバーと対立していった。

フォースの素養が特に強い”選ばれし者”の子供がアカデミーに連れてこられて、一部メンバーがアナキン・スカイウォーカーと同じことが起きることを恐れた。そしてその子をトレーニングする一派と殺害を主張するグループで対立していった…。

これらはあくまで想像です。しかしルークのアカデミーには重大な問題が起きていて、それがカイロ・レンの事件のずっと以前から生じていたと考えるのも面白いかもしれません。

セオリー4

『フォースの覚醒』の公開以前は、このような予想が一部されていたことがあります。

映画のラストであった、レイとの一騎打ちのシーンでもカイロ・レンはレイを殺すつもりはなかったようにみえます。

もしカイロ・レンが何らかの意図があり、ダークサイドに加わっていたとしたら。『フォースの覚醒』の中でライトサイドの誘惑を感じていたとしても不思議ではありません。

しかし公式設定としてカイロ・レンがルークの弟子たちを殺し、アカデミー崩壊を招いたという事実があるため、“カイロ・レンは実は良いやつだった”という予想は難しいかもしれません。

カイロ・レンとレイ、アカデミーでの面識は

これは重要なことなのでここで説明したいのですが、そもそもカイロ・レン(ベン・ソロ)とレイがルークのジェダイ・アカデミーで出会っていたという可能性は少ないです。

そのため過去の時代に”カイロ・レンがレイを助けた”、あるいは何らかの事情で”カイロ・レンがレイを惑星ジャクーに置き去りにした”というストーリー予想も現実的ではありません。

実は『Boodline』というレイアが主人公の公式小説が去年発売されているのですが、それによってカイロ・レン(ベン・ソロ)がアカデミーでトレーニングを行っていたときの年齢が明らかになっています。

leia boolline cover

©Disney

そしてレイの年齢も考慮すると、カイロ・レンによるアカデミー崩壊の事件とレイが惑星ジャクーに置き去りにされた時系列は全く異なることが分かるのです。

  • 『フォースの覚醒』時の2人の公式設定: レイは19歳、カイロ・レン(ベン・ソロ)は29 or 30歳
  • 『Boodline』は『フォースの覚醒』の6年前が舞台。アカデミー崩壊はまだ起きていない
  • ベンはルークの下で訓練。自分がダース・ベイダーと関りがあることをまだ知らない
  • 『Boodline』のとき、レイは13歳、ベンは23 or 24歳
  • 『フォースの覚醒』でのフラッシュバックのとき、レイは恐らく6歳くらい

ベンが反旗を翻し、それによってアカデミーが崩壊したのは少なくとも『Boodline』以後の話です。23歳のときのベンは自分とダークサイドの関りすら知らず、ルークのアカデミーもまだ存在しています。

レイがジャクーに置き去りされたのはそれよりも7年くらい前になります。それでは一体なぜレイはジャクーに捨てられたのでしょうか。そして彼女をそこに連れていきそのまま飛び去って行ったのは誰なのでしょうか。

ただ一つ確かなことは、カイロ・レン(ベン・ソロ)とレイには直接的な関係はなく、レイが惑星ジャクーに置き去りにされたこととカイロ・レンの事件との間にも因果関係はないだろうと考えるのが妥当だと思われます。

Source: SWNN