『最後のジェダイ』見た直後の正直な感想


今回の記事には『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』のネタバレが含まれます

ついに公開されました!正直映画館で席についても、最初のオープニングクロールが流れるまでいまいち信じられませんでした。「あれ?本当に今から見られるんだよな?」という感覚です。

というわけで、『最後のジェダイ』を見てきました。かなり評判が良いということは知っていたのですが、少し期待度が高すぎたかもしれません。見終わってからの正直な感想は「うーん、気持ちの整理をどうやってつければいいのか…」と感じていて、映画館を出るときには気持ちのいい爽快感というのはなかったですね。ただこれはルークがいなくなってしまうことへの喪失感もあるせいかもしれません。

©Disney / Lucasfilm

映画内でたくさんのことが起きていたはずなのに、それでいてなにか大事なことを見落としたような感覚が残っていて、エンドクレジットを見て、あーこれで終わりなのか…とようやく理解しました。

レジスタンスvsファーストオーダーのストーリー部分も、基本的にレジスタンスは逃げ回るだけで、Canto Bightやファーストオーダーの船への潜入もストーリー上の必要性は低く、惑星Craitも戦いらしいものはなく(そこら辺はあまり覚えていない)、そのまま終わってしまいました。最終的にレジスタンスのメンバーは、ミレニアムファルコンで全員を収納できるほどの人数にまで減ってしまったようです。

あと、やはり一番気になったことがルークの扱いです…。私はルーク信者なのでこの映画でのルークの描かれ方を見て、どうしてもモヤモヤした感じが残りました。ちなみに私のルークのイメージは賢者のようなジェダイ・マスターといったものです。

ベン・ソロのダークサイドを不安視して、甥にライトセーバーを向け、結果的にジェダイ・テンプルの崩壊を招いた…。これって『ジェダイの帰還』のルーク・スカイウォーカー像からかなり隔たりがありませんか?

ダース・ベイダーなんて明らかにベン・ソロ以上に真っ黒な存在だったのに、ルークはそれでも良心が残っていることを信じた。そして皇帝にベイダーを殺すよう命令されたときには、自らライトセーバーを放り投げ、戦いを放棄した。

©Disney / Lucasfilm

これこそがルーク・スカイウォーカーという人物の一番コアな部分であるはずなのに、甥っ子の将来の雲行きがあやしいからといって、寝込み襲うなんて(笑)この箇所に関してはどうしても違和感が残ります。少なくともルーク・スカイウォーカーの人物像からはかけ離れているような気がします。

正直映画内で色々起きすぎたせいか、私もまだ消化できていません。所々頭の中が「???」となって、ストーリーに付いていけてなかった場面もあります。まあ、一回見ただけでは細かい箇所を分析したりするのは難しいかもしれませんね。

以下、個人的に気になったことをまとめました。

良い点

  • スノークの王者としての風格。フォース能力は格の違いを見せつけた
  • レイ&カイロ・レンvsプレトリアン・ガードの迫力
  • 過去のレイアのホログラムが流れる。ヨーダも登場!
  • 副提督ホルドの魅力。人間味があった
  • レジスタンスの戦力が消耗していく様、追い込まれている様子がよく伝わった

スノークが雄弁に語る中、カイロ・レンにあっさりやられるシーンはとても綺麗に描かれています。

©Empire

スノークのフォース能力は強大で、実際にスノークはレイが斬られるビジョンを見ていたのかもしれません。しかし自らの能力を過信し、またカイロ・レンの野望を見くびったことで、未来を読み違えたのかな?というのが私の感想です。

たしかにスノークのフォース能力は規格外な強さで、遠く離れた銀河を超えて、特定の誰かに影響を働きかけることができるほど強力なものです。しかし皮肉なことに、あの王座の間の場面では、同じ部屋にいるはずの人間の心の内すら読むことができず、そのことが命取りになります。もしかするとスノークにとってのカイロ・レンは、しょせんハックス将軍同様「小物だが、使いようによっては役に立つ」といったものだったのかもしれません。

結果的にスノークは自らの死のナレーションをおこない、スノーク劇場は幕を閉じます。そしてそのままプレトリアン・ガードたちとの戦闘に移行するという流れは最高でした。

気になった箇所/不満点

  • ルークの過去。ベンにライトセーバーを向けたこと
  • レイアの浮遊が非常にシュール。多分もう一度見たら笑う
  • ラストのライトセーバーバトルでのスローモーション
  • レイとカイロ・レンがライトセーバーを奪い合うシーンの演出。個人的にあまり好きではない
  • カイロ・レンの動機、行動原理がよく理解できない。いまいち共感できない
  • Canto BightとDJの必要性
  • レイの修行、ルークとの関係が成熟していない。師匠を殴り倒し、愛想つかしてそのまま出て行って、それでおしまい?
  • ルークがレイを導く存在、ガーディアンとして機能していない

  • レイとカイロ・レンの繋がり、コネクション

©Disney / Lucasfilm

スノークがふたりの関係に関与していたことは明かされたのですが、ラストのミレニアムファルコンのシーンでは、再びふたりのフォースが繋がります。やはりふたりの間には特別な繋がりがあることは明白なのですが、その原因は一体何なのか、そしてそれが今後の展開にどう繋がるのかは今の段階ではよく分かりません。


『最後のジェダイ』見た直後の正直な感想」への4件のフィードバック

  1. che

    はじめまして。
    半年ほど前からずっと記事を拝見させていただいており、毎日頭の中で公開日をカウントしながら楽しみにしていた者です。
    前作から2年、ついに公開されましたね。私も公開初日朝一番で見に行ってきました。見終わった後の正直な感想が主様と全く同じでコメントをしたくなりました。
    ルークの扱いに関してはなかなか飲み込む事ができず一晩なんとも言えない気持ちで過ごしましたがしきりにルークが自嘲気味に伝説のジェダイというワードを使っていた事からルーク自身迷いも失敗もある一人の人間なのだと腑に落とすことができました(ヨーダもああ言ってましたし)
    ただマークハミルのアクション、伝説のジェダイとしての演技には100点をつけたいと思っています。
    また色々と想像しながらEP9を悶々と待つ2年が始まります(笑)EP6のような大円満になるといいですね…

    返信
    1. SW情報考察(管理人) 投稿作成者

      実は私も一晩経って、今は少し違った捉え方ができるようになりました。見た直後は頭の中が「??」で一杯でいまいち消化不良だったのですが、今振り返るとかなり凄いシーンが満載の映画でした。やっぱり少し時間が経過すると冷静に見られるようになりますね。

      伝説のルークをひとりの人間にまで戻して、ヨーダを介して若きスカイウォーカーの顔が再び見れたのは凄い。昨日はなんでこんなに前評判が高いんだろうと疑問だったけど、たしかに今までのスター・ウォーズとは良い意味でかなり違った映画かもしれませんね。

      ラストのルークの瞑想浮遊、二つの太陽、ヨーダの再登場などなど…送り出し方としてはあれ以上ないくらいベストな演出だったなあと、今思い出すだけで胸がドキドキします(笑)昨日は二回目はないなあと思っていたものの、多分来週また見に行くことになりそうです。

      EP9はどんなストーリーになるのか全く読めない(笑)ただルークの元弟子、レン騎士団、ゴースト・ルーク。色々楽しみな要素はありますね。

      返信
      1. che

        鑑賞前のルークのイメージは管理人様と同じ賢者のような、老オビワンのような熟練のマスターといった感じでしたがヨーダに杖でぽこぽこ殴られている時の顔、マスターに弱音を吐く姿はまさしくEP5ー6のルークのままで今となっては少し安心してたりします…笑
        EP9はレイアが登場しないと言うことなので老衰で亡くなるくらいの時が経ってからの物語になると予想しています。レジスタンスが壊滅しファーストオーダーが銀河を支配して数年、マズやランドカルリジアンなどのレイアの旧友のつてから再建したレジスタンスを新将軍ポーが率いる…みたいな感じかなと。ベンは人望無さそうなのでファーストオーダーから離反した奴が割と大勢居ても面白そうですね。

        返信
        1. SW情報考察(管理人) 投稿作成者

          ヨーダが頭こつんこつんするシーンは、ルークが30年前に一気にタイムスリップした瞬間でしたね。正直あの凄さに映画館では気づけなかった。あれはたしかレイがルークを殴り倒して出ていった直後のシーンなので、私は半分心ここにあらず状態でした(笑)

          ランドに関しては、実はバトルフロント2のDLCストーリーが最後のジェダイと同じタイムラインなのですが、ラストシーンでは主人公たちはレイアに命令され、アウターリムに行ってレジスタンス同盟者と接触するという流れで終わります。

          さらにバトルフロント2にはランドも登場していて、しかも同じ俳優(名前は忘れた)がボイスを担当しているという驚きの事実。たしかにランドは今後の展開に関わってきそうな予感がします。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。