『最後のジェダイ』最初の10分間の映像、イベントにて流される


どうやら本日メキシコで開かれたイベントにて、『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』の冒頭の10分間が流されたようです。

イベントにはライアン・ジョンソン監督、マークハミル、デイジー・リドリーも駆け付け、メディア向けに冒頭10分間の試写がおこなわれたとレポートされています。試写を許可されたのは招待者のみで、メディアに加え、一部ファンもその中には含まれていたとのことです。

上映前にはスマートフォンやレコーディング機材は特別な袋に入れるよう求められたとのことなので、映像自体が流出することはなさそうです。しかし、内容が今後メディアなどを通じて報じられることは十分考えられるため、そのための注意喚起がなされています。

実際、すでに試写映像の内容説明がネットには挙がっているのですが、今の段階ではまだ真偽不明の段階です。

最初の10分間だけなので、それほど重大なネタバレは考えにくいのですが、映画の公開日まで近いこともあり、今後は情報を完全にシャットアウトしたいと思っている人は、そろそろ気を付けたほうがいいかもしれませんね。

ちなみにこのサイトでは、仮にメジャーなネタバレ流出が起きたとしても、映画公開日まではそういったネタバレ/リーク記事を投稿しないつもりです。また公開日(12月15日)が過ぎてもしばらくの間は、タイトルにもネタバレするようなことは書かないので、仮に間違えてクリックしたとしても大丈夫なようにします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です