the-last-jedi-luke-in-black-costume

『最後のジェダイ』ルークが失踪した理由、今作で明かされる


『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見た観客はルーク・スカイウォーカーのあまりの出番に拍子抜けしたと思います。特にルークの登場を心待ちにしていたファンが失望してしまったとしても十分理解できます。

しかしもう心配する必要はなさそうです。今作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では、ルーク・スカイウォーカーは映画全体を通して非常に重要な役割を演じることになります。

当初はレイにフォースの使い方のトレーニングを施すというガイドとしての役割が想定されていたのですが、Rian Johnson監督によるとルークの存在感はそれ以上だといいます。

まさに映画全編を通してルークはストーリーの中心に登場し続けることになるとのことです。

ルークのアカデミーが崩壊、そして失踪

前作の『フォースの覚醒』ではオリジナル3部作のその後のルークの足取りとして、彼が新たな世代のジェダイをトレーニングしていたことが語られています。

しかしジェダイ・オーダーを再建するというその試みも、甥のベン・ソロ(カイロ・レン)が反旗を翻したことによって築き上げたものが全て崩壊。ルークは失意の中姿をくらまし、その後レジスタンスの誰もその居場所が分からないという状態が長年続きます。

前作のラストでは主人公のレイたちはルークの居場所が惑星アク・トゥーであることを突き止め、映画の最後のワンシーンにようやくルークが登場し、そのままエンディングを迎えるという展開でした。

landscape-luke-skywalker-mark-hamill-the-force-awakens

©Disney / Lucasfilm

『最後のジェダイ』の監督を務めるRian Johnsonはこう話します。

ルークの目的がどこにあったのかを解き明かすというのが、映画の脚本を書いているときに一番頭にあったことだよ。

これは絶対に筋の通ったものでなければならなかったんだ。

ルークはなぜこの孤島にやって来たのか。それがまず開始地点であり、映画全体を通しても描かれていくことになる。

このことに関しては、以前から多くのファンが抱いた懸念がありました。

  • なぜルークはレジスタンスと共に戦い続けなかったのか。
  • ファースト・オーダーが台頭し、スノークという新たな脅威を感じながら、なぜ行方をくらましたままだったのか。
  • ルークは単なる平和主義者に成り下がってしまったのか。

この点について監督はこう答えます。

それは私も良いとは思わないね。少なくとも彼にとって説得力のある十分な理由が必要なんだよ。そしてそれを観客が見ても、同じように納得されるようなものでなければならなかった。

個人的な予想では、ベン・ソロ(カイロ・レン)の事件が契機となりヨーダたちが考えるジェダイ・オーダーの仕組みそのものに疑問を持ち、ルークはもっと古代のジェダイを学ぶことによりフォースの正しい在り方を模索しようとしたのではないかと考えます。

惑星アク=トゥーは最初のジェダイがトレーニングを行った場所で、今もジェダイ・テンプルの遺跡が存在するといいます。

失踪していた間のルークの行動は恐らくそのことと関係しているのではないでしょうか。

フォースの覚醒のラストが変更

今作ではルークがいよいよスクリーンに戻って来ることになるのですが、彼の周辺の演出についてもRian Johnson監督なりの考えがあったようです。

ルークのトレードマークでバディドロイドのR2-D2は長年スリープモードの状態が続いていたことが、前作『フォースの覚醒』では説明されています。

r2d2-and-luke-skywalker-the-force-awakens

©Disney / Lucasfilm

そして映画の終盤にストーリーの流れに呼応するかのようにR2-D2が再起動し、ルークの居場所のカギとなる情報を主人公たちに提供することになるのです。

レイはチューバッカとR2-D2を伴い、ルークがいる惑星アク・トゥーを訪れます。

しかしこの重要なシーンも当初の予定では別のものであったことが、今回のRian Johnson監督のインタビューで判明しています。

元々はレイと一緒に行くのはBB-8だったんだよ。その方がストーリー上も筋が通るからね。だけどJ.J.Abrams(『フォースの覚醒』の監督)に聞いたんだ、こっちのドロイドにしてもらえないかってね。

最初の脚本ではレイと共に惑星アク=トゥ-に行くのはBB-8であったそうです。たしかにレイとBB-8は新世代を象徴する存在であり、その2人が行動を共にするというのは自然な流れかもしれません。

しかしルークは惑星アク=トゥ-の孤島に長年独りでいたことを考えると、R2-D2という懐かしい存在がルークと再び再会するというのは嬉しい演出です。

前作『フォースの覚醒』ではハン・ソロは亡くなってしまい、残念ながら2人は再会を果たすことはありませんでした。

そのことを考慮すると、映画開始の序盤にルークとR2-D2の再会シーンが予想されるというのは、ファンにとっては1つの安心材料になりそうです。

Source: Digital Spy