『最後のジェダイ』D23エキスポにキャストが登場、フィンvs.キャプテン・ファズマを示唆


D23 Expo 2017の『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』パネルにて、主要キャストのメンバーもステージに姿を見せました。

マーク・ハミル、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、グェンドリン・クリスティー(Gwendoline Christie)といった前作からのメンバーに加え、今回のステージには新キャラクターを演じるローラ・ダーン、ベニチオ・デル・トロ、ケリー・マリー・トラン(Kelly Marie Tran)も姿を見せています。

キャストがステージに登場

ステージのなかで、ライアン・ジョンソン監督は写真を公開しながら解説をおこないます。

”フィンは手強い相手と戦うことになる”と話した場面では、ジョン・ボイエガがキャプテン・ファズマ役のクリスティーをにらみつけるというパフォーマンスが飛び出します。

©Disney / Lucasfilm

『最後のジェダイ』ではフィンvs.キャプテン・ファズマが実現するとなると、楽しみな展開になりそうです。それにしても、やはりファズマはデカいですね。これは強敵そうです。

新キャラクター”ローズ”を演じるトランは好奇心旺盛な人物で、いつも撮影セットを歩き回って何が起きているのか把握しようとしていたそうです。問題を起こさない程度にできるだけ多く体験しようというのが、彼女の目的だったと話します。

ローラ・ダーンが演じる提督Holdoがブラスターを使用するシーンでは、彼女がブラスターの”ピューピュー”という効果音に戸惑っていたことを共演者からジョークのネタにされます。

ベニチオ・デル・トロは自身が10歳のときに、オリジナルのスターウォーズを映画館で見た日のことを語ります。

©Disney / Lucasfilm

その後マーク・ハミルがステージに登場し、“僕をグェンドリン(クリスティー)の隣に立たさなくてくれてありがとう。ストームトルーパーにしては僕は小さいかな?”とジョークを披露。そしてマーク・ハミルは、『最後のジェダイ』には予想外の要素がたくさんあることも明かします。

新ヘアスタイルのレイ、傷だらけのフィン

©Disney / Lucasfilm

この写真に映るレイの髪型は、おそらく以前のマーケティング素材に登場したものと同様のものであると思われます。

©Disney / Lucasfilm

個人的にはこの髪型のレイが非常に気に入っています。映画後半ではこの外見で過ごすのでしょうか。黒っぽいコスチュームもかっこいいですね。

またフィンが顔から血を流しているのも気になります。今作のフィンは、カジノの街Canto Bightでの冒険、ファーストオーダーのスーパー・デストロイヤーに潜入ミッションなどかなり出番が豊富です。

©Disney / Lucasfilm

以前のインタビューによると、『最後のジェダイ』ではフィンがライトセーバーを使用するシーンはないとされています。そうなるとファーストオーダーのスーパー・デストロイヤーに潜入して、そこでキャプテン・ファズマや特殊武器を装備するストームトルーパーたちと対峙する場合、一体どんな方法で戦うことになるのか楽しみです。

©Vanity Fair


©Disney / Lucasfilm

Source: SWNN