『スター・ウォーズ レジスタンス』日本でも放送決定!12月9日からスタート


10月7日からオンエア開始となった新アニメシリーズ『スター・ウォーズ レジスタンス』について、日本での放送開始は12月9日となることが発表されました。

以下、プレスリリースです。

希望の大空を駆け抜ける―。
若きパイロットが自分を信じて極秘ミッションに挑む、新世代スター・ウォーズが登場。 

ハイスピードレースの長い歴史を持つスター・ウォーズ。そのワクワクする世界観を“空のレースと空中戦”に投影した、スター・ウォーズの正史であり新世代となるTVシリーズが登場! 物語の舞台は、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より前の時代。銀河帝国の残党から生まれたファースト・オーダーが勢力を拡大する中、未知なる可能性をポー・ダメロンに見出された若きパイロットのカズ。BB-8とともにファースト・オーダーの脅威をスパイする。今、新たなる伝説が大空へとはばたく!

監督はルーカスフィルム・アニメーションのベテラン、デイブ・フィローニ、プロダクションは日本に限らず世界の中でも有数の歴史と実績を誇るデジタルアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチュアズが担当。本作は監督の意向により日本のアニメを意識し製作されています。

初回は見ごたえのある1時間の特別エピソードを放送!ディズニーXDとディーライフの2つのチャンネルでお届けいたします。

海外ではすでに4話まで放送されているのですが、なかなか評判は良いみたいですね。

特にニークー(Neeku Vozo)がかなり良いキャラしていて、すでに私のお気に入りです。しかも声を担当しているのが『シリコンバレー』に出演していたジョシュ・ブレナーというのが嬉しい。

©Lucasfilm

ニークーはかなり天然というか、肝心なことがすっぽり抜け落ちているキャラなのですが、それが嫌味もなく上手くコミカルに描かれています。同じお騒がせキャラでも、ジャージャーと違ってこちらのほうはすぐに愛される存在になりそうです。

ユーチューブのコメントで「私は自閉症なのだが、ニークーの中に自分と同じものを感じた。だけど彼はそのせいでバカにされたり無視されたりすることもなく、ありのままの彼の姿が受け入れられているのが素晴らしい」というのを読んで、思わず納得してしまいました。

個人的にはかなりの癒しキャラだと感じていて、この先も出番が多いことを期待しています。

©Lucasfilm

©Lucasfilm

Source: Disney


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。