スター・ウォーズの実写TVシリーズがアナウンス、2019年にリリースされる見通し


ディズニーは独自のストリーミングサービスを立ち上げることを計画していて、”スター・ウォーズの実写TVシリーズ”もそのストリーミングサービスで配信されることが発表されました。ディズニーのストリーミングサービスは、2019年の終わりまでには開始される見通しです。

スター・ウォーズの初の実写TVシリーズということになり、登場人物や舞台設定など色々気になりますね。

さらに本日は新三部作もアナウンスされ、ライアン・ジョンソン監督によって製作されることも発表されました。

新三部作が公式発表!スカイウォーカー・サーガではない新しい物語

大きなニュースが立て続けに来ましたね。続三部作、スピンオフ映画、実写TVシリーズ、そしてスカイウォーカー・サーガから離れることになる新三部作…。ルーカスフィルムが以前から説明していた、「今後10年間は毎年リリースし続ける」はまさに実現しそうです。

一応タイムスケジュールをまとめると、以下の通りになります:


2017 – 最後のジェダイ
2018 – ソロ
2019 – エピソード9 & 実写TVシリーズ
2020 – スピンオフ映画(おそらくオビ=ワン)
2021(予想) – 新三部作の第一弾

デイブ・フィローニの新プロジェクト

『クローンウォーズ』 『反乱者たち』を製作したデイブ・フィローニの新プロジェクトについては、2019年に新作のアナウンスがおこなわれることが伝えられています。これまでの予想では、引き続きアニメシリーズであることが考えられていたのですが、本日のニュースも考慮すると、もしかすると実写TVシリーズの可能性もありそうです。

アニメプロジェクトの次回作の発表、Star Wars Celebration 2019までない

©Disney / Lucasfilm

ただ、もし実写TVシリーズとデイブ・フィローニの新シリーズが別プロジェクトの場合は、上記のローテーションにさらにTVアニメシリーズも加わることになります。そしてそれに加え、小説やコミック、ゲームもリリースされるため、スター・ウォーズのコンテンツ量はかなりのものになりそうですね。

Source: VARIETY


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です