Han Solo movie

映画『ハン・ソロ』撮影セットをとらえた初の写真が公開


スペインのカナリア諸島 “Fuerteventure”にて、5月下旬から撮影が開始されることになる映画『ハン・ソロ』。その撮影セットを空からとらえた写真が地元メディアによって公開されています。

これまでも撮影現場周辺の写真は報じられていたのですが、撮影セットを映した画像は今回が初めてとなります。

舞台はタトゥイーンか

©Disney / Lucasfilm

写真の中では大きな建物が1つ、そして複数の宇宙船やその他の装置が散在しているのが見て取れます。この砂漠の風景はどこか惑星タトゥイーンを思い起こさせます。

しかし『フォースの覚醒』のときも当初はタトゥイーンだと思われた場所が、実は惑星ジャクーだったという経緯があるため、今の段階では断定するのは難しいでしょう。

ただオリジナル三部作で、最初にハン・ソロとチューバッカが登場した場所がタトゥイーンでした。またハン・ソロは密輸業者として、ジャバ・ザ・ハットと取引を行っていたという背景も考慮すると、撮影の舞台がタトゥイーンという可能性も高いかもしれません。

砂漠と海辺、2つのロケーション

Fuerteventure(スペイン、カナリア諸島)での撮影は5月の第3週から開始し、6月まで行われることになります。

©Disney / Lucasfilm

このロケーションは砂漠地帯がある一方、島の西部にはビーチも広がっています。そのためこの場所の撮影では、砂漠と海という異なる2つの惑星としての収録も可能性としては考えられます。

250人の現地エキストラ

またキャスティングとしては、250人もの現地のエキストラが用意されているといいます。

スタジオは褐色の肌をもつ男性、女性、子供を探していた。また撮影セットに関しては、プロダクション会社は家のセットを作るため、大量の塩の調達を求めていた。

撮影は非常に高度なセキュリティと厳しいプライバシーポリシーがあるため、仮に撮影セットをとらえる写真が流出することがあっても、かなり遠くからのショットしかないだろうと考えられます。

Source: SWNN