star-wars-episode-ix-logo

『スターウォーズ/エピソード9』公開日が2019年5月に決定!


本日ディズニーとルーカスフィルムは、スターウォーズの新三部作のラストとなる『エピソード9』の公開日が2019年5月になることを発表しました。また本日の発表では『インディー・ジョーンズ』シリーズの5作目となる作品の公開予定日も明らかにされています。

今年の12月に『スターウォーズ/最後のジェダイ』(エピソード8)の公開を控える中、その次回作となる『エピソード9』の公開予定日が早くも発表されました。

気になる公開日は2019年5月24日です。

多くの人がこれまで通り12月のクリスマスシーズンを予想していたために、公開日がそれよりも半年早くなったことは嬉しい驚きといえるかもしれません。

公開予定日 時系列

  • 2017年12月15日 – 最後のジェダイ
  • 2018年5月25日 – ハン・ソロ(仮題)
  • 2019年5月24日 – エピソード9

レイアは『エピソード9』に登場せず

本作『エピソード9』の監督を務めるのはColin Trevorrowで、『スターウォーズ/フォースの覚醒』から始まった新三部作のラストを飾る作品となります。

先日『エピソード9』の脚本草稿が完成したことが伝えられ、映画撮影の開始もいよいよこれから開始することになります。

2019年公開予定『スター・ウォーズ/エピソード9』脚本草案が完成

また昨年末に急死したキャリー・フィッシャーに関しては、残念ながら本作には登場しないことが、ルーカスフィルムのCEOであるキャサリーン・ケネディによって明らかにされています。

キャリー・フィッシャー『エピソード9』には登場せず、LucasfilmのCEOが説明

ルークの行方は

オリジナルキャストのメンバーであるハン・ソロ(ハリソン・フォード)も『フォースの覚醒』で亡くなったため、残りの1人であるルーク・スカイウォーカーの『最後のジェダイ』での行方が気になるところです。

果たしてタイトル『最後のジェダイ』が示すように、ルークも今作で犠牲になってしまうのでしょうか。

『最後のジェダイ』の監督を務めるRian Johnsonは、タイトルの最後のジェダイとはルーク・スカイウォーカーを指すと説明しており、そのルークがもし今作で亡くなれば、主要なオリジナルメンバーは『エピソード9』には誰も登場しないことになってしまいます。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レイの両親が今作で明らかに、監督が語る

そういった意味でも、今年公開の『最後のジェダイ』のストーリーの行方には関心が高まります。

クリスマスから5月にシフトか

従来からのクリスマスシーズンの公開を早めて5月とした背景はどこにあるのでしょうか。

マーベルスタジオのように年間に最低でも1作以上という目標のために、少しペースを速めたという見方もできます。ルーカスフィルムは10年計画として、毎年『スターウォーズ』の映画を少なくとも1作はリリースすることを表明しています。

あるいは『エピソード9』の製作進行が想定以上に順調なため、それに伴って公開予定日も半年早まったという見方もできます。

いずれにして当初の予想より半年早く『エピソード9』を見られるというのは、スターウォーズファンにとっては嬉しい誤算といえるでしょう。

Source: starwars.com