キャプテン・ファズマの小説概要、ファズマの過去を暴く”深紅のストームトルーパー”


『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』にも登場予定のキャプテン・ファズマを主人公にした小説が9月に発売予定で、そのストーリー概要が発表されています。

ファーストオーダーの冷酷な指揮官、キャプテン・ファズマは味方からは尊敬を集める一方、敵からは恐れられる存在です。

しかし派手なクロムのアーマーとは裏腹に、ファズマの実像はファーストオーダー内部でもほとんど謎に包まれています。ファズマが頑なに守ろうとする秘密は一体何なのか…。ファーストオーダーのひとりの人物が、ファズマの過去を暴くため行動を起こします。

ストーリー概要

©Disney / Lucasfilm

バトルクルーザー”Absolution”の内部では、捕らえられたレジスタンスのスパイが激しい尋問を受けている。取り調べを行っているのは深紅のアーマーに身を包むストームトルーパー、”Cardinal”だ。

しかし彼が欲している情報は、レジスタンスの情報などではない。探しているのはファズマがひた隠しにしてきた過去にある。

スキャンダル、反逆行為、個人的な悪行…。

Cardinalにとってファズマは、ファーストオーダー内での自分の権力や特権を脅かす憎むべくライバルであり、ファズマを蹴落とすために使える情報であればなんでもよかった。

このレジスタンスの捕虜はCardinalが探している情報をもっており、彼はなんとしてもそれを手に入れようとするのだが、捕虜も簡単には情報を渡さない。

捕虜はタフな精神力の持ち主で、自分の命と引き換えにCardinalが求めているファズマの過去の話を聞かせてやると交渉を持ち掛けてくる。誰にも知られたことのないファズマの歴史が、今語られようとしている。

しかし彼にとってこの情報はあまりに危険すぎた。ファズマの過去を知るのと引き換えに、Cardinalはファズマの逆鱗に触れることになる。

Source: swbooks