ハンとキーラの過去、小説『Most Wanted』の公式概要に説明


映画『ハン・ソロ』とのタイアップ本はこれから多数出版されることになり、その中にはハンとキーラの過去を描いたヤングアダルトノベル『Most Wanted』(5月25日発売予定)もあります。

『Most Wanted』はハンが10代の頃という舞台設定なのですが、Amazonの商品ページにはストーリー概要も記載されており、ハンとキーラの関係性が説明されています。

『Solo: A Star Wars Story』の出来事より前が舞台となる!ハンとキーラにはあまり共通点がなく、唯一共通していたのは、ふたりには何もなかったということだ。彼らは工業惑星コレリアでストリートキッズとして育ち、生き抜くためにはなんでもしてきた。それでもいつも、もっと大きなものを夢見ていた。あるとき、ふたりはコレリアの危険な犯罪者社会の暗部に飛び込み、自らの力を証明しようとする。そこで彼らは、お互いが同じボスのための同じミッションに参加していることを知ることになる。しかし、この仕事がとんでもない結末を迎えてしまったことで、ふたりは海賊、ドロイド・シンジケート、帝国、そしてボスにも追われることになってしまう。生き残るには、お互いを信頼することを学ばなければならない。

ハンとキーラは惑星コレリアのストリートキッズとして育ち、ふたりが知り合うきっかけとなるエピソードが『Most Wanted』で描かれるようです。クリミナルワールド、海賊、ドロイド・シンジケートなど、かなりワクワクさせる要素が登場します。

今回のストーリーの雰囲気は、以前ジョージ・ルーカスが発表し、その後計画が頓挫してしまった『Star Wars: Underworld』のエッセンスも感じられます。おそらく映画『ハン・ソロ』自体もその辺りからもアイデアが拝借されているのでは?と私としては考えています。

©Disney / Lucasfilm

エミリア・クラークのキャラクター、キーラはとてもずる賢いタイプと説明されているので、個人的にはお気に入りのキャラクターになりそうな予感がします。レイアと同じように気が強そうな女性なのですが、キーラのほうは完全な下町育ちということで、その辺の違いも面白そうです。

Source: Amazon


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。