『ハン・ソロ』小説・コミックなど多数の関連本がアナウンス


『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』(原題『Solo: A Star Wars Story』)をフィーチャーした本がアナウンスされ、小説やコミックなどが紹介されています。

特に興味深いのが小説『Last Shot』の内容で、この作品ではハン・ソロとランドの人生の異なる3つの時代が登場します。

  • 映画『ハン・ソロ』以前の話。ランドとL3-37のストーリー。
  • 映画『ハン・ソロ』と『EP4 新たなる希望』の間。ハンとチューバッカのストーリー。サナ・スタロスも登場。
  • 『EP6 ジェダイの帰還』のその後を描くエピソード。ハン、レイア、若きベン・ソロに加え、ランドも登場する。

これは非常に楽しみな内容です。説明文を読むだけでワクワクしてきますね。

今回多数のオフィシャルブックがアナウンスされているのですが、どうやら映画『ハン・ソロ』のノベライズ自体は含まれていないようです。小説『Last Shot』の内容は映画のストーリーとはかなり違うため、おそらくノベライズとはまた別の単独作品だと思われます。

ちなみに発売日はまだ発表されていないものの、PR担当の人がTwitter上で明かした話によると、

  • 4/17 – 小説
  • 5/5 – フリーコミック
  • 5/25 – その他の本
  • 5/30 – 『Lando: Double or Nothing #1』

おおまかな発売スケジュールは上記の通りで、『Star Wars: Adventures』など一部の本はさらに数か月後にリリースされます。

発表された『ハン・ソロ』関連本

小説『Last Shot』Daniel Jose Older著

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

ハン・ソロとランド・カルリジアンの人生の異なる3つの時代が描かれる。一部は映画『Solo』より前の出来事が登場し、ランドとL3-37を中心に物語が進む。L3は映画で初登場となるドロイドで、ランドの相棒となる存在。

また『Solo』と『新たなる希望』の間を描くストーリーもあり、ハンとチューバッカの話が中心となる。ここではサナ・スタロスも姿をみせる。彼女はマーベルコミックで初登場し、ハンと結婚していることを主張するという人物。

そして『ジェダイの帰還』のその後も描かれ、ハン、レイア、若きベン・ソロ、ランドが登場する。

カバーアートにハン・ソロとランドのシルエットが描かれていて、コンベンションの限定バージョンとしてL3とチューイのバージョンも存在する

©Disney / Lucasfilm

『ジェダイの帰還』後にハンとランドが冒険するという話をずっと描きたかった。ふたりのずっと以前の姿と比較するというのは、とても面白いアイデアだ。

犯罪組織のボスがミレニアムファルコンのオーナーを探していて、本当はランドなのだが手違いでそれがハン・ソロだと思い込んでしまい、ハンがとった行動のせいでランドは面倒を被ってしまう。その後、ふたりは大昔にやらかした間違いを正そうとする。

– Lucasfilm 出版部門 クリエイティブ・ディレクター Michael Siglain

ヤングアダルトブック『Most Wanted』 Rae Carson著

©Disney / Lucasfilm

ハン・ソロとキーラの10代の頃が描かれるストーリー。若きハン・ソロが登場する。

コレリアのふたりの若者は産業世界のストリートでどうやって生き残ってきたのか。ふたりはまさにこの環境によって育まれ、物語ではそれが描かれる。

Marvelコミック『Lando: Double or Nothing』 Rodney Barnes著

©Disney / Lucasfilm

全部で5つのエピソードからなる Marvelコミックのミニシリーズ。映画『ハン・ソロ』の直前が舞台で、ランドの物語を軸とし、ランドとL3のバックストーリーが描かれる。ストーリーは映画と密接に関係している。

『The Art of Solo』 Phil Szostak著

©Disney / Lucasfilm

数多くのコンセプトアートを収録。製作サイドにおける進化のプロセスや考えなども見ることができる。

『Solo: The Official Guide』 Pablo Hidalgo著

©Disney / Lucasfilm

映画『Solo』のビジュアルディクショナリー。映画に登場するキャラクター、小道具、乗り物、テクノロジーなどの詳細説明が収録されている。

『The Moviemaking Magic of Star Wars: Creatures + Aliens』 Mark Salisbury著

©Disney / Lucasfilm

1977年の『新たなる希望』から現在に至るまでの映画製作、メイクアップ、スペシャルエフェクトなどの歴史を取り扱った本で、若年向けの内容。

『The Mighty Chebacca: Forest of Fear』 Tom Angleberger著

©Disney / Lucasfilm

中学生向けの本。チューバッカはペットの世話をするというミッションを受ける。当初は退屈なベビーシッターの仕事だと感じるのだが、それが実はハン・ソロの命を救うことにもつながっていく。

チューイは出会ったドロイドのことを単なる貨物用ドロイドだと思うものの、読者はそれが『ローグ・ワン』のK-2SOだといことに気付く。彼はキャシアン・アンドーのための任務の最中だった。

ふたりは新規のキャラクター、Maby Trillickにも出会う。彼女は本を収集しているバウンティハンター。

『Star Wars: Adventures』

©Disney / Lucasfilm

現在連載中のコミックシリーズに若きハン・ソロの3つのエピソードが収録される。『帝国の逆襲』のファンにお馴染みのバウンティハンター、Zuckussと4-LOMが登場し、ハン・ソロとチューバッカはターゲットにされる。

彼らはバウンティハンターに追跡され、見知らぬ惑星にやって来る。大気圏に突入したときに全てがシャットダウンしてしまい、ファルコンはそのまま海に墜落する。
#10

©Disney / Lucasfilm

この星では全ての電力がダウンしていて、一切のテクノロジーが機能しない。やがて彼らは電源をオンにする方法を見つけるのだが、その後それが最悪の間違いだったことにも気付く。そしてこの惑星が目覚め、彼らに襲い掛かってくる。
#11

©Disney / Lucasfilm

『I Am a Wookiee』 Geof Smith著

©Disney / Lucasfilm

ウーキーの世界に伝わるチューバッカの物語。

『Solo: Train Heist』

©Disney / Lucasfilm

ハン・ソロとチューバッカは貨物列車に飛び乗り、中身を盗み出そうとする。映画の中で登場するアクションシーンと同じ内容を扱ったもの。

『Meet the Crew』

©Disney / Lucasfilm

児童向けのストーリーブック。映画に登場するキャラクターに焦点を当て、ヒーローや脇役たちが登場する。

その他の本

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

Source: EW


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です