噂: 『エピソード9』スノークの正体はダース・プレイガス、アナキンとオビ=ワンの登場も検討中


あくまで噂という段階なのですが、「ルーカスフィルムがスノークはプレイガスだというアイデアを検討中で、エピソード9にアナキンとオビ=ワンが登場するかもしれない」という驚きの話が浮上しています。

この発言をしているのはMr Sunday Movies(ユーチューバー)で、ポッドキャストに出演したときに上記の話を披露しています。

スター・ウォーズ関連のスクープでいうと、『ハン・ソロ』の撮影トラブルを一番最初に報告していたのがこの人物で、第一弾トレイラーが公開されるのもスーパーボウルと一貫して発言していたため、たしかにある一定の信用性があるように思われます。

今回、信頼できる情報源から聞いた話として伝えている内容は、

  • スノークの正体はプレイガス。それをEP9で明らかにする
  • EP9にアナキンとオビ=ワンが登場するかもしれない

上記の2点をルーカスフィルムが現在検討しているとのことです。

これはマジなのか…。かなり驚きの展開です。

ただですね、小説『ダース・プレイガス』(レジェンズ設定)のストーリーをウーキーペディアで確認してみると、たしかにプレイガスをスノークに置き換えても全く違和感がないことに気付きます。

しかも、プレイガスの種族はムウン(Muun)で、スノークの外見的特徴ともそれほど離れていません。

©Lucasfilm

©Lucasfilm

もし仮にスノークの正体が皇帝パルパティーンの師、ダース・プレイガスだとすれば、スノークの圧倒的なフォース能力についても十分に説明がつき、パズルのピースが綺麗に埋まる感じがします。

そしてここで最も重要なことは、もし本当にスノーク = プレイガスだとすると、死んだはずのプレイガスが今まで生きていたということになり、スノークも実はまだ生きている可能性がある!?という驚きのシナリオがまだ残されていることを意味します。

たしかにこのままだとスノーク不在のままEP9を迎えることになり、ラスボスはどうするのかという切実な問題が出てきます。カイロ・レンはどうも大ボスという感じがせず、かといって新キャラも難しそうです。

その問題をクリアするために、

スノークは生存している。しかもその正体はパルパティーンの師、ダース・プレイガスだった。

©Lucasfilm

…というシナリオにすると、話が一気にスケールアップして、EP1からEP9までの大総括、最終決戦という感じが出てきます。一見突拍子もないですが、意外とあるかもしれないと段々思えてきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です