ライアン・ジョンソン監督の新トリロジー、いよいよ本格始動


『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』は今年のEmpireアワードを受賞し、その授賞式に出席したライアン・ジョンソン監督が自身の新三部作の今後について答えています。

ライアン・ジョンソン監督とプロディーサーのラム・バーグマンは新トリロジーについて質問を受け、具体的な話は避けるものの、プロジェクトはすでに進行中でこれから本格的に始動することを明かしています。

ゆっくりだが、もう始まっている。これから忙しくなる。

– プロディーサー ラム・バーグマン

そうだね。また忙しくなるけど、とても楽しみだ。ワクワクしている。

– ライアン・ジョンソン監督

『最後のジェダイ』関連のプロモーション・イベントはこの日をもって全て終了し、ライアン・ジョンソン監督は今後は新プロジェクトにシフトチェンジすることになります。

ただ、現在は脚本草稿すらできていない段階で、おそらく基本的な全体像を練っている最中だと思われるため、ライアン・ジョンソン監督の新トリロジー映画の第一作目が公開される時期は早くて2021年、あるいはそれ以降の可能性もあります。

ライアン・ジョンソン監督の新三部作、そしてゲーム・オブ・スローンズのクリエイターによる新三部作と気になるプロジェクトが二つも同時発表されているわけですが、そのストーリーや世界観が発表されるのはまだまだ先になりそうですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。