thelastjedi_title

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ネタバレ: ストーリーが早くもリークか!? 衝撃の内容


今年の12月15日公開予定の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のストーリー要旨がネット上に早くも投稿されています。

フロリダで開催された「Star Wars Celebration 2017」では『最後のジェダイ』の第一弾となる公式映像もついに公開されました。Youtubeの公式チャンネルにアップロードされた動画は驚異的なビューワー数で、今作の注目度の高さがうかがえます。

ストーリー予想の議論が活発化

そしてファンの間では前作『フォースの覚醒』同様に、ストーリー展開に関する議論も活発化してきており、様々なセオリーが浮上してきています。そんな中、なかなか気になるストーリー展開が発見されています。

投稿先はアメリカの掲示板4chのためその真偽が疑われるところですが、興味深い点として、前作『フォースの覚醒』の正真正銘のネタバレが最初に投稿された場所も4chだという事実があります。

普段であればこういったものはスルーされてしまう情報なのですが、このストーリー展開はなかなかユニークなものといえ、あくまでセオリーの一つとして今回紹介します。

映画制作チームからのリーク

今回のリークは『最後のジェダイ』の製作チームの一員を自称する人物からの情報です。彼によると公開されたティーザー映像は視聴者を意図的にミスリーディングするものであり、非常に失望したといいます。

気になる真偽不明のネタバレ(?)ストーリー要旨は以下のものです。

ルーク・スカイウォーカーは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』でライトセーバーを放り投げて以来、二度とライトセーバーを握らないことを自分自身に誓った。その憎しみは彼自身をも飲み込まんとするほどのものであった。

ルークのアカデミーでの訓練はライトセーバーではなく、フォースの使い方のみが教えられた。カイロ・レンが自分自身のライトセーバーを持ち、他のレン騎士団のメンバーが持たないのはこのことが理由。

レイの家族関係が明らかになることはない。彼女自体には特別重要な意味はない。

映画のクライマックスで起こるレイの死は、大きなショックをもたらす。ダース・ベイダーがルークの父親であると知らされたときと同じようなショックを狙ったものだ。

この三部作はカイロ・レンの贖罪、罪のあがないがテーマといえる。

カイロ・レンはレイの命が救われることを望んでいたが、Benicio del Toroのキャラクターはカイロ・レンを裏切りレイを殺してしまう。

ルークはライトセーバーを手に取り、Benicio del Toroのキャラクターを殺す。この戦いはスター・ウォーズ史上最も壮大なものとなる。

クリント・イーストウッドの『許されざる者』で、彼が再び戦うことを決意したときを思い起こさせる。誰にも勝ち目はない。

今作はルークが再びライトセーバーを握ることになるまでを極めて上手く描き切った。

最後にルークはカイロ・レンを一緒に連れて行く。

感想/考察

レイの死について

正直な感想として、個人的にはなかなか面白いものがあると感じました。恐らくレイの死の部分を「あり得ない」と捉えるか「ショックを与える方法としては成功だ」と感じるかで受け止め方が変わるだろうと思われます。

ルークが二度とライトセーバーを握らないと決意していたというプロットは自分の中には全く無かった発想だったこともあり、斬新なセオリーとして読むことができました。

ライトセーバーはまさにスター・ウォーズの象徴でもあるため、映画のクライマックスまでルークがライトセーバーを使うシーンが封印されているという流れも意外に説得力があります。

エピソード1からエピソード3の過去三部作ではライトセーバー祭りともいえる扱いで、その神秘性のようなものが失われていただけに、ルークのアカデミーでは教えられなかったというのは面白い発想です。

しかし今回の三部作はオリジナルのメンバーから新たな世代交代への転換というポイントもあるため、その中心人物であるレイがエピソード9を待たずして亡くなってしまうという結末にはやはり疑問が残ります。

スノークの存在

さらに最高指導者スノークという存在も残されています。『最後のジェダイ』の監督を務めるRian Johnsonが語った「映画の中にあるサプライズ」とは、スノークに関係するものだろうと見るのが一番現実的なシナリオ予想だと言えるかもしれません。

『スター・ウォーズ』最高指導者スノークの正体が判明!遠い未知の銀河系から来た強大なダークフォース

ティーザー映像との矛盾

また公開されたティーザー映像にはレイがライトセーバーを扱うシーンがあり、ルークと思われる人物もその近くにいることが確認できます。映像からはレイに対してライトセーバーの修行を施しているようにみえるため、今回のリークはそれと矛盾してしまいます。

そのことを考慮すると、ルークがライトセーバーを放棄したというプロットはやはり現実味がないのかもしれません。

まとめ

『最後のジェダイ』にまつわるストーリー予想や考察には様々なものがあり、読んでいて大変面白いものもあります。スノークに関する考察、レン騎士団についてのストーリー、ルークが行方をくらました本当の理由など色々なセオリーが議論されています。

映画の公開が近づくにつれて第2、第3のトレーラーも公開され、ストーリー予想のセオリーも徐々に絞られていくかもしれません。

最近リリースされている公式資料によって、スノークの素性やレイが置き去りにされていたジャクーの秘密など興味深い事実が次々と明らかになっているため、それらについても今後の記事で取り上げていきたいと思います。

Source: Reddit