『ハン・ソロ』L3-37の撮影風景と裏話が披露、新映像も公開


『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』でL3-37役を演じた女優のフィービー・ウォーラー・ブリッジ(Phoebe Waller-Bridge)がテレビショーに出演し、撮影の裏話を語っています。

以前の記事でも伝えた通り、L3の撮影にはやはりモーションキャプチャーを使用せず、ウォーラー・ブリッジは実際にL3のコスチュームを身につけ演じていたようです。

L3-37の撮影秘話、モーションキャプターは使用せず

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

スノークやK-2SOは完全なCGキャラである一方、L3-37はウォーラー・ブリッジの身体の各部をVFXチームが編集したもので、L3は基本的には彼女そのものだということです。

撮影の裏話

撮影時のエピソードとしては、

  • 全身タイツをはいて、ロボットの装備を身につけた。そのためトイレに行くのに苦労した
  • 秘密保持のため、移動時には大きな箱を被せられた

と語っています。

簡単に脱げるものでもなく、撮影の出番とトイレのタイミングが重なったときは、かなり慌ただしいことになったようです。しかも、ロボットのスーツは非常に動きにくいものだったため、トイレが終わった後も紙に手が届かなくて(!?)、それで誰かを呼ぶはめになった…という面白エピソードが披露されています。

ケッセルに飛び立つ直前、ファルコン船内の様子

映画本編からの短い映像も披露されました。トレイラーにも収録されていた場面で、どうやらファルコンはこれからケッセルを目指して飛び立つようです。

バックで流れている静かなテーマが心地よく、不思議と存在感もあります。ハンのテーマ曲はジョン・ウィリアムズが自ら手掛け、それ以外にもジョン・パウエルによる新曲が5つ収録されているとのことなので、そちらのほうも楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。