『エピソード3 / シスの復讐』に別エンディングが存在!パドメがアナキンに襲い掛かる


2005年公開の『エピソード3 / シスの復讐』のラストでは、ナタリー・ポートマン演じるパドメ・アミダラはアナキンにフォースチョークされ、その後アナキンとオビ=ワンの対決シーンへと突入します。

しかし映画のエンディングには、元々別のバージョンが予定されていたことが明らかになりました。

2016年末にAcademy of Art Universityで開かれたイベントにて、コンセプト・アーティストのIain McCaigは講演を行いました。その中で彼は、映画のエンディングについて興味深い話をしています。

Iain McCaigはスターウォーズのエピソード1からエピソード3の三部作に加え、『フォースの覚醒』や『アベンジャーズ』そして『Guardians of the Galaxy』でもコンセプト・アーティストを務めている人物です。

McCaig氏によると、オリジナルのプランは実際のシナリオとは少し異なるものであったようです。

パドメはアナキンを殺そうとする

実際に公開された映画のシナリオでは、惑星Mustafar(溶岩に囲まれた場所)に到着したパドメはアナキンによってフォースチョークされてしまいます。

しかしオリジナルのプランでは、”パドメは手にナイフを持ち、それでアナキンを殺しにかかる”というものだったそうです。

©Disney / Lucasfilm

これがそのシーンを描いたコンセプト・アートです。

パドメのナイフはアナキンの喉元に突き付けられます。しかし彼女は自分にアナキンを殺すことは出来ないことを悟ります。パドメは自分が愛した相手を手にかけることができるような人間ではなかったのです。

McCaig氏の説明では、その後の展開は同じ道筋を辿ることになるといいます。つまりオリジナルのプランも公開映画のシナリオと同様に、パドメは結局最終的には亡くなるという結末を迎えます。

またストーリーに関しては、オリジナル三部作の出来事を下敷きにして、これから起きるであろうことも考慮して作成されたといいます。

そしてスクリプトが実際に出来上がった後でも、主要なプロットポイントはその後も変更が加え続けられたと話します。

感想

パドメの行動

パドメ・アミダラは精神的にも経済的にも自立した強い女性です。その彼女がアナキンに襲い掛かるというのは、パドメの性格を考慮すると納得できる行動のようにも感じます。

そして実際にナイフをアナキンに突き付けはしたが、最後の寸前でどうしても出来なかったというのは、シナリオとしては説得力があります。

アナキンはパドメのことを想っているため、彼女を止めずにナイフが喉に突き付けられたまま何もしなかったとしたら…そのシーンは2人の関係をよく表しているかもしれません。

レイアの記憶

また『エピソード6 / ジェダイの帰還』にて、ルークがレイアに2人が双子であることを告白する有名なシーンがあるのですが、その会話の中でレイアは「実の母親のことを覚えている」と話しています。

しかし『エピソード3 / シスの復讐』では、パドメは二人の出産直後に亡くなってしまうため、上記のレイアの説明とはどうしても矛盾してしまいます。

やはり『エピソード3 / シスの復讐』の理想的なシナリオとしては、エンディングで彼女が亡くなることはなく、少なくとも“レイアが4才くらいまではパドメは生存していた”というルートを辿ったほうが良かったのかもしれません。

Source: Esquire