続三部作の草案内容、パブロ・ヒダルゴが一部明かす


スター・ウォーズ続三部作(EP7 – EP9)の初期のシナリオはどういった内容だったのか、気になる人も多いと思います。

実は今年の1月、ルーカスフィルムのストーリーグループのメンバー、パブロ・ヒダルゴが草案内容の一部について語っており、興味深い内容を知ることができます。本人は「自分の発言をアーカイブされたくないから」とし、該当ツイートはすでに全て削除されているのですが、今回の記事では判明している内容をまとめます。

初期のEP7案

『The Art of Star Wars』などの設定資料集から読み取れる内容として、ジョージ・ルーカスの初期構想では、姿を消したルーク・スカイウォーカーを若い娘(レイ)が探し出し、彼を絶望の底から救うという展開だったことが分かります。

そして、Twitterで上記の議論がなされているときに、パブロ・ヒダルゴは以下の話を付け足します。

大まかに言って、元々の7の案では、現在でいう8の内容の中盤まで行っていた。

EP8の中盤というのが具体的にどの辺りまでなのかは不明なものの、おそらくは…

レイがルークを探し出し、ルークは嫌々ながらもレイの指導を開始する。

当初のEP7のシナリオでは、少なくともそこまで到達していたことが予想されます。

©Lucasfilm

ダークサイドに堕ちるベン・ソロ

また、ベン・ソロ(カイロ・レン)に関しては、現在の『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』とは違い、元々の案ではベンがダークサイドに堕ちる過程も描かれる予定だったとのことです。

ダークサイドに堕ちていく息子。これは常に案の中にあった。しかし実際の映画では、それがすでに起きてしまった出来事として描かれた。

現在の設定はベン・ソロがダークサイドに堕ちて数年の歳月が過ぎている、という状況なのですが、当初の案ではベンはまだダークサイドの領域には堕ちてはおらず、その過程は映画で描かれるシナリオだったようです。

©Lucasfilm

しかしこのシナリオ展開では、ルークとベンはどういった関係性だったのか気になります。ルークのジェダイ・オーダー崩壊にベンが加担していて、それもEP7で描くとすると、レイの物語に時間を割く余裕はなさそうな感じがします。

おそらく予想としては、ルークのジェダイ・オーダー崩壊には別の敵キャラを用意し、現在のEP7と同様に、それがすでに過去に起きたこととして扱われ、ベンは別のことが原因でダークサイドに誘惑されるという展開が考えられます。

初期のキャラクター

ルーカスによる続三部作の初期の構想については、設定資料集などでその一部が明かされていて、以前の記事でもそのことを取り上げました。

ジョージ・ルーカスによる続三部作のオリジナルプラン、一部が明らかに

簡単に説明すると、

「ルーク・スカイウォーカーは道を失い、遠くの星で身を隠す。一方、若い女(キラ、現在のレイ)と凄腕パイロット(現在のフィン)がルークを探す旅を始め、その出会いを通じて、ルークは自身の在り方を見つめ直し、新たなジェダイを育て始める。」

…という内容です。

上記の話題がツイッター上でやり取りされているときに、パブロ・ヒダルゴは割って入るような形で次の話を披露しています。

スカイラー(Skyler)とキラ(Kira)が一応はフィンとレイになった。息子をそそのかすジェダイキラー、タロン(Talon)がいて、それが最終的に息子に変更された。Uberはスノークになった。そして開始地点も移行した。まあ、そんな感じだ。

ここでいう「息子」「ジェダイキラー」とは、現在のカイロ・レンのことを指します。初期の構想では、タロンというジェダイキラーが存在し、ダークサイドに堕ちる息子とは別の敵キャラが用意されていたことが分かります。息子がダークサイドに引きずり込まれるのもこのタロンが直接の原因となります。

ちなみにコミック『Star Wars: Legacy』には女シス、ダース・タロン(Darth Talon)というキャラクターが登場していて、ジョージ・ルーカスはこのキャラクターをそのまま採用したようです。

©Lucasfilm

一方、Uberはアンディ・サーキス(スノーク役)が演じるキャラクターとして初期に報道されていた名前で、これが後にスノークへと変更されます。Uberはタロンを陰で操る存在として、コンセプトアートでもタロンの背後に描かれています。

©Lucasfilm

フィンがベン・ソロの案も

さらに、エピソード7のある時期の草案では、スカイラー(フィン)が息子(ベン・ソロ)だったこともあるようです。

あるバージョンではスカイラーが息子だった。それがどうやって今のように変わっていったかについては、私が今ここで話すことではない。

これは非常に面白いエピソードです。つまり、レイと一緒にルーク・スカイウォーカーを探す旅をするのがベン・ソロだったことになります。

©Lucasfilm

しかし、このシナリオプランでは、ルークのジェダイオーダー崩壊にはベンがどのように関わってくるのか気になります。あるいはルークの隠遁の原因には別のキャラを用意して、ベン・ソロは完全に現在のフィン路線でいく展開だったのでしょうか。このバージョンのシナリオにも興味があります。

Source: SWNN


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。