映画『オビ=ワン』ストーリーが判明!幼いルークを見守るオビ=ワン


先週、オビ=ワン・ケノービを主人公とするスピンオフ映画の情報が急浮上していたのですが、その気になるストーリーと舞台設定に関する続報も入ってきました。

TMZは最近配布された”制作報告書”を入手しており、それによると、次なるスピンオフシリーズは『Obi-Wan: A Star Wars Story』と呼ばれ、ワーキングタイトルは”Joshua Tree”であるといいます。

そして、気になるストーリー概要は以下の内容です。

タトゥイーンでひっそりと暮らす隠者、オビ=ワン。だが、彼はオーウェン叔父さんに預けられた幼いルーク・スカイウォーカーを密かに見守り続けていた。一方、現地農民と冷酷な長に率いられたサンドピープルの部族との間で緊張が高まり、その結果、オビ=ワンは隠者の生活から引きずり出されることになる。そして、最強のジェダイモードのスイッチがオンとなる。

なぜか私の頭の中で『ジョン・ウィック』が再生されました(笑)ただ上記のあらすじはあくまでも映画序盤の話で、実際にはまだまだストーリーが展開していくだろうと思われます。

報告書によれば、監督は以前から噂のあったスティーブン・ダルドリー(Stephen Daldry)と記載、撮影場所はこれまでと同様にロンドンのスタジオが使用されます。

気になるオビ=ワン役についてですが、残念ながらまだ配役は明らかになっていません。しかし、今回判明したストーリー概要と舞台設定、時系列を踏まえると、やはりオビ=ワン役にはユアン・マクレガーで決まる可能性が強そうです。

Source: TMZ

関連記事:
映画『オビ=ワン』2019年春から撮影開始との情報!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です