いじめに立ち向かった少年、ジェダイの教え – 今週のニュースで思ったこと


今回の記事はいつもとは少し趣向を変え、今週のニュースを見て思ったことを書きます。

取り上げるニュースはどちらも全く別の話題なのですが、一応ふたつともスター・ウォーズに関連するテーマです。特にカリフォルニアの少年のほうは、話を聞いて思わず考え込んでしまった内容です。

ジェダイの教え

数日前にこのニュースが伝えられたことで、マーク・ハミルも少年の勇気を称え、エールを送っています。

一応、ニュースの状況を簡単に説明すると、カリフォルニアの10歳の少年が学校で暴力を受け、怪我を負ってしまうのですが、母親がなぜやり返さなかったのかを問うと、「それはジェダイの道に反する」と少年が答えた、というエピソードです。

病院で治療を受けることとなってしまった5年生が、それはジェダイの道に反する(it’s not the Jedi way)と答え、いじめっ子にやり返すことを拒んだ。

今週の月曜日、10歳のアイデン・バスケス(Aiden Vazquez)は学校で顔を殴られ、名前を悪く言われた後、バックパックも取り上げられてしまう。

彼は眉の近くを数針縫うはめになった。

母親がなぜ身を守らなかったのかと聞くと、彼はスター・ウォーズのある言葉を引用した。

「お母さんに言ったんだ。スター・ウォーズで知ったのだけど、それはジェダイの道に反するってね。」

母親は学校が子供を守るために十分なことをしていないと批判し、負傷した息子の写真をFacebookに投稿した。

彼女によると、去年もアイデンは壁に押し付けられ、頬を怪我してしまい、三針も縫うことになったという。

– abc13

マーク・ハミルはアイデン君の勇気と賢さを称賛し、「僕は架空のジェダイだけど、この少年は本物だ」とメッセージを送っています。

たとえ相手に酷いことをされても、自分はそれと同じことはしないと毅然に対応するのは立派です。10歳にしてジェダイの知恵を引用し、暴力を否定するという、素晴らしい感性をもっています。

嬉しいことに、マーク・ハミルのメッセージも無事本人に届いたようです。

ただですね…私としては美談だけでは終わらない、少し違った感想をもちました。こういった場合、やり返さないことで相手に「こいつはちょろい奴だ」と間違ったメッセージを与えてしまい、かえって状況を悪化させませんか?

ヨーダの教えも、

A Jedi uses the Force for knowledge and defense, never for attack.
ジェダイはフォースを知識と防御のために使う。攻撃のためではない。

と説いています。

自分からは攻撃するなという教えであって、身を守る必要はないとは言っていません。

実際、EP6でもルークはハンを救うため、ハットの宮殿に交渉に向かい、最終的にハット一味を壊滅させています。必要とあらば戦う、それがジェダイなのでは?と私は思います。

©Lucasfilm

もちろん、闇雲に立ち向かえとは言うつもりはないです。アイデンくんのいじめっ子が身体が大きい上級生だったり、あるいは危険な相手という可能性もあるため、暴力でやり返さないというのは賛成です。

それでも戦う方法は他にも、

  • 警察に被害届を出す
  • 学校に抗議する
  • ソーシャルメディアなどを使って糾弾する

と、殴り返す以外にもいくつもあります。子供を想う母親の気持ちはやはりさすがで、今回はお母さんがFacebookで問題提起し、それが一気に拡散したことで、ニュースに取り上げられ、そのことで学校も対応を迫られているようです。

©Lucasfilm

それでも私が心配するのは、いじめの対象になるのはたいてい性格が良くて大人しい子、やり返さない子だったりするため、今回の教訓は必ずしも他のケースにも当てはまるロールモデルにはならないだろうということです。

私の考えでは、

身を守るためならなんでもしろ。それがダメなら逃げてもいい。

自分に非がなく、相手から仕掛けてきたことなら、むしろやり返すべきじゃないでしょうかね?これはダークサイドの考えなのでしょうか。…と、このニュースを聞いて色々考えてしまいました。

9月2日の日曜日ということもあり、タイムリーな話題かもしれません。もし、この記事読んでいる人の中に学校のことで悩んでいて、もうあんな所に行きたくないと思っているなら、無理して行く必要ないですよ。人にはいろんな魅力があって、嫌な奴のためにそれを押し殺すなんてもったいないです。

Mike Zerohとライアン・ジョンソン監督

この人はスター・ウォーズのニュースを扱っているユーチューバーなのですが、毎日リーク情報と称して動画を複数(6つくらい)投稿していて、逆の意味で凄いなーと思っていました。

しかも、express.co.ukなど一部のサイトはその動画を情報源に記事を書いており、多分それを読んだ人は真に受けてしまうでは?と少し気になっていました。

そんな中、ライアン・ジョンソン監督は三部作の計画がストップしたのかとツイッター上で質問を受け、その噂の発生源がMike Zerohと知り、以下の話を披露します。

製作中、オンラインの噂に目を通している人がひとりいたんだ。それである段階になると、私たちは”Zeroh”を動詞として使い始めていた。例えば、ゴミをゴミ箱に投げ入れようとして、思わず手が滑り、そのまま後ろに落ちてしまう。そのときに「Zerohった!」ってね。

ちなみに上記のツイートは現在は削除されたようです。

ライアン・ジョンソン監督がMike Zerohのことを知っていたというのが少し驚きです。ルーカスフィルムの人たちもネット上の噂やストーリー予想をチェックしてるんですかね。

Source: abc13


いじめに立ち向かった少年、ジェダイの教え – 今週のニュースで思ったこと」への2件のフィードバック

  1. ドドイツ

    コマンダーでありながら帝国を裏切った方のアイデンとは大違いですな!

    返信
    1. StarWarz.org(管理人) 投稿作成者

      アイデン姉さんは発売前にすでに裏切りがバレてましたね。

      ただ考えてみたら、私は結構寝返るキャラが好きかもしれないです。反乱者たちのエージェント・カラス、ファズマの小説のカーディナルみたいな。組織に迎合せず、自分の正義感にもとづいて行動する自由さが良い!

      あとファズマのようなずる賢い腹黒キャラも好きですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。