最強のジェダイ騎士、メイス・ウィンドゥが主人公のコミック『Jedi of the Republic』


メイス・ウィンドゥが主人公となるコミック『Star Wars: Jedi of the Republic』が、8月にマーベルからリリースされることが発表されました。これは5巻のミニシリーズとなる予定です。

ファンからの人気も高いも高いこのジェダイマスターは、特徴的な紫色のライトセーバーがトレードマークで、ジェダイ評議会のメンバーの1人でもあります。

ジェダイ史上最も偉大な戦士の1人

『エピソード2 / クローンの攻撃』ではジャンゴ・フェットを倒し、『エピソード3 / シスの逆襲』でも皇帝パルパティーンをあと一歩の所まで追い詰めるほどの強者です。もしアナキンがメイス・ウィンドゥを攻撃することがなければ、まさに歴史が変わっていたかもしれません。

メイス・ウィンドゥはジェダイの騎士としての実力も、他のジェダイマスターと比べて桁違いの強さを誇るといえるでしょう。

今回のコミックはクローン大戦が勃発した直後から始まり、ジェダイの騎士たちはかつてない脅威と直面することになります。

©Disney / Lucasfilm

千年以上もの間、ジェダイは銀河のピースキーパーとして存在していた。しかし現在、クローン大戦の幕開けと共に、彼らは新たな役割を担おうとしていた。

それは共和国軍の指揮官としての役割だ。

ジェダイで最も偉大な戦士の1人、メイス・ウィンドゥは、ジェダイの小隊を率い戦場へと向かう。

時は戦争が勃発した直後、ジェダイは新たな使命と共に、世界を平和へと導くことが出来るのだろうか。それとも暴力という混乱の果てに道を見失ってしまうのだろうか。

公式カバーアートでは、メイス・ウィンドゥの強力なフォース・プッシュが炸裂し、ドロイド兵たちが吹き飛んでいます。

紫色のライトセーバーを持つジェダイはメイス・ウィンドゥただ1人のため、非常に特別な存在であることが分かります。

個人的には『Battlefront II』ではメイス・ウィンドゥがプレイアブル・ヒーローとしてアナウンスされるのではないかと期待しており、来月のE3イベントが楽しみでもあります。

Source: starwars.com