Carrie Fisher the last jedi behind the scene

キャリー・フィッシャー『エピソード9』には登場せず、LucasfilmのCEOが説明


LucasfilmのCEOであるキャサリーン・ケネディはGood Morning Americaとのインタビューの中で、昨年亡くなったレイア役のキャリー・フィッシャーが2019年公開予定のエピソード9には登場することはないと語りました。

レイアは『エピソード9』には登場しない

Lucasfilmのキャサリーン・ケネディは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではキャリー・フィッシャーが大きな役割を担うと前置きしたうえで、残念ながら彼女は新三部作のラスト『エピソード9』には登場しないことを説明しました。

キャサリーン・ケネディの話によると、昨年にキャリーが亡くなった時点では『エピソード9』のストーリーはまだ自分たちの頭の中にあるだけの段階で、脚本はまだ書かれてすらいなかったといいます。

そしてキャリー・フィッシャーが亡くなった後に、その作業に取り掛かったと話します。

先日キャリー・フィッシャーの弟であるTodd Fisherは、まだ使用されていない彼女のシーンがあり、それが『エピソード9』では使われることになると話していました。

今回キャサリーン・ケネディが明確に否定したことで、残念ながらレイアの登場は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で終わりを迎えるとこが分かります。

しかしながらLucasfilmはこれからもレイアと共に歩んでいくとし、映画では彼女のスター・ウォーズに対する貢献に敬意を表すよう扱われることになるだろうと予想されます。

ストーリー上での扱いはどうなる

レイアの旅は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で終わります。しかしながら彼女が映画のストーリーの中で亡くなるかはまだ疑問の余地が残ります。Lucasfilimはいったいどのようなストーリー展開を用意しているのでしょうか。

Carrie Fisher the last jedi behind the scene

©Lucasfilm

エピソード9のストーリーについて考えられるパターンとしてはいくつか挙げられるのが

  • 会話の中で言及されるだけで登場シーンはない
  • 『ローグ・ワン/Rogue One』のようにCGを使用
  • 映画内で直接登場しなくてすむ方法でレイアが亡くなる

個人的にはこういった選択肢が考えられます。いずれにせよ次回作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でのキャリー・フィッシャーの存在は大きいとのことなので、実際に映画を見てみないとその後の展開を予想できないかもしれません。

現在の段階で判明しているのは、残念ながら『エピソード9』では彼女の登場はないと、LucasfilmのCEOが明言したことです。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではルーク・スカイウォーカーがようやくスクリーンに戻ってきます。そしてその双子のレイアの登場は今作がラストとなります。色々な想いが交じり合う特別な映画となりそうです。

Source: MAKING STAR WARS