『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レジスタンスに新キャラクター「紫ドレスの女提督」


リーク情報によると今作『スターウォーズ/最後のジェダイ』にはレジスタンスにユニークな新キャラクターが加わるようです。またポー・ダメロンがアップグレードしたブラックカラーのX-Wingを操縦したり、新しいBB-8ユニットも登場するとのことです。

ローラ・ダーン演じる女提督

『ジェラシック・パーク』で植物学者を演じたことで知られるローラ・ダーン(Laura Dern)がキャストの中に名前が含まれていることは、以前から注目されていました。

Universal Pictures

リークされている情報によると、彼女のキャラクターは制作チームの間ではAdmiral Holdoと呼ばれているとのことです。Admiralとは大将/提督を指す名称なため、彼女のレジスタンスでの地位はかなり高いことがうかがえます。

興味深い点として、ローラ・ダーンが演じるHondoというキャラクターは一般的にイメージされる提督とは全く異なるタイプの人物だということです。

彼女は紫の豪華なガウンに身をまとい、その肩には短いケープがかけられ、レーザー・ピストルを装備しています。手首にはメタリックの腕輪、そして特徴的なピンクの髪が目を引きます。

一方のレイアはブラウンの服に身を包んでいるため、ローラ・ダーンのキャラクターはレイアとは一線を画す対照的な存在であるといえるでしょう。

Holdoの外見の特徴は、どこか『エピソード1-3』時代の繁栄の過去を思い出させるような美的センスがあります。

ポー・ダメロンとアップグレードした黒のX-Wing

『スターウォーズ/最後のジェダイ』ではポー・ダメロンはレジスタンスの艦隊を指揮してファースト・オーダーと戦います。そしてローラ・ダーンのキャラクターはポー・ダメロンの宿敵のような役割を果たすことになるといいます。

©Disney / Lucasfilm

なんといってもポーが艦隊を指揮するというのが気になります。前作『フォースの覚醒』ではエースパイロットだったポーですが、レジスタンスでの活躍が認められ出世したのでしょうか。

しかし映画内ではポーが黒色のX-Wingを操縦するシーンもあるとのことです。これは新たにアップグレードされた新エンジンの搭載機で、スピードがさらにアップされている特別仕様のX-ウィングと思われます。

『スターウォーズ/最後のジェダイ』でもポーのカッコいい操縦シーンが見られそうで一安心です。

まとめ

上記のリーク情報は非常に興味深い話が盛りだくさんでした。もしこの噂が本当なら、レジスタンス内の指揮官に亀裂が生じるストーリー展開につながりそうです。

ストーリーのグループとしては、ルークとレイのジェダイ編。ポーとレイア、そしてローラ・ダーンの演じるAdmiral Holdoのレジスタンスグループ。それにカイロ・レンとファースト・オーダーが加わり、ストーリーが進んでいくものと思われます。

ローラ・ダーンに関してはまだ公式情報は少ないため、今後の情報にも期待したいです。

Source: MAKING STAR WARS

関連記事:
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』キャプテン・ファズマが再登場!新武器を装備