ジョン・ファヴロー製作の実写TVシリーズ、撮影セットの写真がリーク


ジョン・ファヴロー製作によるスター・ウォーズの実写TVシリーズに関する新情報が浮上しています。

MakingStarWars(MSW)のレポートによると、来週から撮影が開始されるとのことで、撮影セットをとらえた写真もリークされています。

また、本シリーズではマンダロアやタトゥイーンといったファンに馴染みのあるロケーションも登場すると説明されており(MSWレポート)、その言葉通り、今回の撮影セットのリーク写真ではタトゥイーンを思わせる建物を確認することができます。

©MSW

©MSW

©MSW

©MSW

以前のMSWの記事では、ストーリーは「EP6から3年後、惑星マンダロアの混乱が描かれる」との噂を伝えていたのですが、どうやらマンダロアに加え、タトゥイーンも舞台として登場するようです。

噂: ジョン・ファヴロー製作の実写TVシリーズ、惑星マンダロアが舞台

予想

マンダロリアンのストーリーにタトゥイーンがどのように関わってくるのか。…と考えていると、ふと思いついたのが、

ボバ・フェット???

©EA/ Lucasfilm

そんなまさかーとは思うのですが、EP6から3年後で、しかもマンダロリアンが中心となるストーリーでタトゥイーンもロケーションとして扱われるとなると、どうもボバ・フェットの影がチラついて仕方ないです。

これまでボバ・フェットのスピンオフ映画に関する噂、リーク記事も散々浮上していたわけですが、実は映画ではなく実写TVシリーズのほうだった!!満を持してボバ・フェットを復活させて、それをTVシリーズにぶつけてくるのでは??

…とまあ、可能性は低そうですが、少し考えてみました。

小説『アフターマス』

ちなみに小説『アフターマス』のストーリーの中では、タトゥイーンでマンダロリアンのアーマーが見つかったというイースターエッグのような描写があります。

この装備が誰かの手に渡り、その所有者が惑星マンダロアの動乱に巻き込まれる…。という流れもアイデアとしては面白いかもしれません。

©EA / Lucasfilm

Source: MSW


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。