スター・ウォーズ実写TVシリーズ – 製作費は10エピソードで1億ドル、撮影開始は10月?


ニューヨークタイムズの報道によると、ジョン・ファヴロー製作のスター・ウォーズ実写テレビシリーズの制作費が、10エピソードで1億ドル(日本円で100億以上)にもなること判明しました。

スター・ウォーズ実写テレビシリーズはディズニー・ストリーミングサービスのロンチタイトルと予想されており、製作費の高さを考えると、かなりのビッグプロジェクトとなりそうです。

ちなみにリーク情報では、

  • 惑星マンダロアの混乱を描くストーリー
  • ILMxLABの技術を使用

とのことで、もしこれが本当だとすれば、ジェットパックが飛び交う戦闘がふんだんに盛り込まれた、アクションドラマとなる可能性があります。

©Lucasfilm

またILMxLABについては、数ヶ月前にすべてCGで作成されたテクデモが披露されていて、現在のCGの技術が驚くほど向上していることが分かります。マンダロリアンはヘルメットを被っていることもあり、個人的にはCGとの相性がかなり良いのではと思っています。

撮影開始は10月

撮影は10月1日からLAにて開始されるとの情報もあり、これが本当だとすると、大半の撮影がスタジオ内にておこなわれることを意味し、ジョン・ファヴロー監督が以前に「CGを多く使用する」と発言していたこととも合致します。

EP9の撮影が終わるのも10月頃と予想されるため、タイミング的にはおかしくはないようにも思われます。

Source: NY TIMES


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です