『最後のジェダイ』スノーク護衛隊などの宣伝用画像がリーク


『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』に関するいくつかの画像がオンライン上に流出していて、情報によるとこれらが本物であることが確認されたということです。

今回はリークされている画像はスノークの護衛隊、ファースト・オーダーの新ストームトルーパーとAT-M6です。スノークの護衛隊については最近の記事でも取り上げたのですが、今回はそれとは別の画像で注目の護衛隊の1人を垣間見ることができます。

スノーク護衛隊

©Disney / Lucasfilm

レッドのアーマーを着用しているこの護衛隊は、皇帝パルパティーンのロイヤルガードを思わせる外見をしています。リーク情報によると『最後のジェダイ』ではスノークの護衛隊のアクションシーンが映画内には存在するといいます。

今回の画像で取り上げられている護衛隊のメンバーは槍のような武器を装備。そして少し分かりにくいのですが、左手側にはブラストシールドも掲げられているとのことです。

『最後のジェダイ』スノークの護衛隊、今作最大の注目ヴィラン

ファースト・オーダーの新ストームトルーパー

©Disney / Lucasfilm

肩の部分の赤はランクの高いストームトルーパーであることを意味しています。

そしてこのストームトルーパーが装備している斧のような武器は、先端のエッジが電気動力仕様のもので、『フォースの覚醒』でフィンとの対決シーンに登場したFN-2166が持っていたのと似たようなタイプのエレクトリック・フィールド式の武器であることが考えられます。

このストームトルーパーこそが以前からリークされている”Executioner Stormtroopers”で、情報によると『最後のジェダイ』のキャプテン・ファズマはこの特別兵士を2人引き連れているといいます。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』キャプテン・ファズマが再登場!新武器を装備

ファースト・オーダーのAT-M6

©Disney / Lucasfilm

©Disney / Lucasfilm

ファースト・オーダーのAT-ATともいえるこの”AT-M6”が『最後のジェダイ』には登場することになります。トレーラーに出現したAT-ATの一団がこのAT-M6だと思われます。

砲台部分はコックピットの上に備えられ、また注目すべき点は前脚が後ろ向きだということです。これはスノースピーダーのケーブルによる転倒を防ぐことが目的なのでしょうか。

このAT-M6は一部では”ゴリラ・ウォーカー”と呼ばれているらしいのですが、確かに前脚部分がゴリラの腕のようにもみえます。もし仮にこのAT-M6が立ち上がってトランスフォーマーのように2足歩行の状態になれば、かなり圧巻の光景かもしれません。

ただ後ろ足の太さを考慮すると、2足歩行は少し無理っぽいですかね…。

Source: SWNN