ジョージ・ルーカス「もし私が続三部作をつくっていたら」 – 宇宙を支配するウィルズ


※更新: ルーカスの発言の背景、前後の部分が判明

もし仮にジョージ・ルーカス自らがスター・ウォーズのEP7 – 9をつくっていたら、いったいどんな内容だったのか。ファンなら一度は気にしたことがあるかもしれませんが、そのジョージ・ルーカスによる興味深い発言が新たに発見されています。

今回の発言が見つかったのはジェームズ・キャメロン監督の新TVシリーズ「Story of Science Fiction」の書籍版で、その中でジョージ・ルーカスは「もし自分が続三部作をつくっていたら、こういう内容だった」と明かしています。

実はジョージ・ルーカスによる続三部作の構想はすでに判明しており、基本プロットは現在の内容とそれほど違いはないことが分かっています。

ジョージ・ルーカスによる続三部作のオリジナルプラン、一部が明らかに

しかし、今回明らかになった内容はそれとはまた別のもので、ジョージ・ルーカスのフォースに対する捉え方を垣間見ることができます。

ルーカスのフォース論

©AMC

ルーカス: ファントム・メナスのときに私はミディ=クロリアンについて話したのだが、みんながそれをひどく嫌ってしまった。この映画の全体像は共生関係についてなのだよ。これは私たちは支配者などではないということを理解することでもある。そこには大きなエコシステムが存在しているのだ。

キャメロン: マイクロバイオームと呼ばれる大きなエコシステムが内部には存在していて、私たちもそれを知り始めたばかりにすぎない。

ルーカス: (次のスター・ウォーズの映画三部作は)マイクロバイオティックの世界に突入するはずだった。しかし、そこには我々とは違った働きをする生物の世界がある。私はそれをウィルズ(the Whills)と呼ぶ。ウィルズこそがこの宇宙を実際に支配する存在で、彼らはフォースを糧にしている。

キャメロン: ジョージ、君は宗教を創作していたんだね。

ルーカス: 当時の私はこう言っていた。つまり我々は単なる車、ウィルズが旅するのに使う乗り物にすぎないのだ、と。そして、そのコネクションがミディ=クロリアンで、このミディ=クロリアンこそがウィルズと意思疎通をはかっている。ウィルズは一般的な意味においてフォースだ。

キャメロン: しかし、実際に君は時代を超越したそのアイデアの、言ってみれば、マインド、魂、空、全ての生き物の根拠など、そのアイデアの周りにある表面、科学の正面を描いていたんだね。その世界において、君は基本原型、マインド、神など、そういったもの全てにアクセスしていたわけだ。

ルーカス: 私はフォース、ジェダイ、その他全ての全体的なコンセプトに最初から最後まで取り組んでいた。ただ、私にはそれを終わらせたり、誰かにそのことを伝える機会がなかっただけなんだ。

キャメロン: これは神話の創造だ。神話の創造なくして、世界の構築はできない。全ての宗教、全ての神話学がそれに基づいている。

ルーカス: もし私が今でも会社に留まっていたなら、あれをすることができたし、きっとそうなっていたに違いない。もちろん、多くのファンはそれを嫌ったかもしれないがね。ファントム・メナスやその他の全てを彼らが嫌ったように。だが少なくとも、始まりから終わりまでの全てのストーリーが語られることにはなっていただろう。

かなり驚きの内容が語られています

今回のルーカスの発言を踏まえると、ミクロな領域にはウィルズと呼ばれる生物の世界が存在し、これこそが一般的な意味において”フォース”を指し、銀河を支配、コントロールしているのもこのウィルズです。そして、EP1で登場したミディ=クロリアンを媒体とし、ウィルズ(フォース)とのコネクションが形成されます。

少なくともジョージ・ルーカスの見方によると、銀河の根底にはこのような世界観が広がっているようです。

©Lucasfilm

ウィルズ

また、ウィルズ(the Whills)というのはスター・ウォーズにおいて重要な意味をもつ単語で、「ウィルズ銀河史(Journal of the Whills)」「ウィルズの信徒」「ウィルズの守護者」など、これまでもウィルズの名前がたびたび登場しています。

ウィルズはフォース信仰にとって重要な意味をもつようなのですが、これまで正面から説明されたことはありませんでした。どうやらジョージ・ルーカスはこのウィルズの存在に踏み込む考えがあったようです。

『エピソード4 新たなる希望』の初期構想によると、ウィルズ銀河史には銀河の全ての出来事が記録され、映画で語られるスカイウォーカーのストーリーもその一部だというのですが、ジョージ・ルーカスのEP7 – 9はついにウィルズの領域に突入しようとしていたのかもしれません。

©Lucasfilm

ちなみに『ローグ・ワン』にはウィルズの守護者が登場しており、やはり私の予想としては、ルーカスフィルムのストーリーグループもジョージ・ルーカスの構想を耳にしていて、それらを現在のプロジェクトに取り入れているような気がします。

Source: SWNN


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。