ファズマの新映像が披露、GDC 2018の技術デモに登場


サンフランシスコで開催されているゲームデベロッパーのカンファレンス「GDC 2018」にて、Unreal Engineのリアルタイム・レイトレーシングの技術を使ったデモ映像が披露されています。

一見すると映画からの未公開シーンのようにも思えるのですが、この映像は全てCGで作成されたものとのことで、まさに驚くべきクオリティです。はっきり言って、前知識がなければ気が付かないレベルです。これだけのリアルな質感で表現できるなら、なんでも出来そうな気がしますね。

エレベーターの前で世間話をするストームトルーパーのふたり。エレベーターの調子が悪いのか、何度もボタンを押しています。「この間、カイロ・レンがDセクターのエレベーターを壊したらしい」などと言いながら、ついうっかり「ここの責任者はホスに飛ばされたほうがいいな」と口にしてしまいます。

©Disney / Lucasfilm

そこにファズマが登場。エレベーター内は緊張感に包まれ、あの会話がファズマに聞かれたかどうかが心配です。ラストシーン、ふたりはどうやらホスに飛ばされたようです。

Source: starwars


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。