『エピソード9』レイアのシーン、最後のジェダイの未公開カットも使用


『スター・ウォーズ エピソード9』でのキャリー・フィッシャーのシーンについては、『フォースの覚醒』ですでに撮影した未公開カットを使用することが明かされているのですが、実はそれだけではなく、『最後のジェダイ』の未公開カットも利用されることになるようです。

キャリー・フィッシャーの弟、トッド・フィッシャーをインタビューしたABCニュースの記者によると、『最後のジェダイ』でライアン・ジョンソンが撮影した分の未使用映像も用いられるということです。

今日、トッド・フィッシャーにそのことを聞いたのだが、彼もJ.J.エイブラムスとそれについて話し合っているようだ。プレスリリースではフォースの覚醒のことしか触れていなかったから、最後のジェダイのことも彼に質問したんだ。それによると、最後のジェダイからの未使用映像も使用するとのことだ。いったいどれくらいの長さの映像が残っているのかも聞いたのだが、彼の答えは「それは教えられない!」ということだった。

さらにトッド・フィッシャーは、映画には”ビッグサプライズ”があることを明かしています。

彼が言うには、映画には大きなサプライズが待ち受けているらしい。本作、パフォーマンス、そして未使用映像に関する大きなサプライズがあり、これはまさにファンのためのものだという。

どうやらフォースの覚醒と最後のジェダイで撮影した、数分間の未使用映像がたくさんあるようだ。

トッド・フィッシャーを含め、家族みんながワクワクしていて、それが実現するのを心待ちにしている。

大きなサプライズがいったい何なのか気になりますね。

J.J.エイブラムス監督は昨年秋から脚本の書き直し作業をしており、キャリー・フィッシャーの未公開カットを使用することで、違和感なくレイアを登場させられるシナリオを練っていたことが考えられます。

『最後のジェダイ』のブルーレイ/DVD版には、レイアの未公開シーンは収録されていなかったのですが、この辺もエピソード9での使用の可能性を考慮されての判断だったのかもしれません。

最後のジェダイの未公開シーン

昨年12月の取材の中で、ライアン・ジョンソン監督は『最後のジェダイ』の公開版に収録されなかったシーンについて話していて、J.J.エイブラムス監督がそれをエピソード9で使用する可能性にも言及しています。

特に大きなシーンはないよ。小さなシーンがいくつかあって、構成上捨てられることになったものだ。それは他のキャラクターのものと違いはない。特に大きかったり、重大なものはないよ。

J.J.と話をして、我々が使わなかったものを全て見ていいよと伝えた。だけど、あの中に特になにかがあるとは思えないけどね。本当のことをいうと、彼女の撮影されたシーンで映画に使用されなかったものなんて、実はそれほど多くはないんだ。

©Lucasfilm

ライアン・ジョンソン監督の発言によると、どうやら『最後のジェダイ』に関しては、それほど重要な未公開カットが存在しているようではなさそうです。そうなると、やはりプレスリリースで説明された通り、レイアの多くのシーンは『フォースの覚醒』からの未使用映像なのかもしれません。

Source: SWNN


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。