『エピソード9』レイアのシーンは”魔法”、昨日撮影されたかのよう


キャリー・フィッシャーの弟、トッド・フィッシャーがET CANADAのインタビューに答え、『スター・ウォーズ エピソード9』でレイアが再び登場することについて語っています。

「姉とプリンセス・レイアは同じ存在だ。彼女のストーリーが終わり、もう先に進むことはなかったとすると恐ろしい。」トッド・フィッシャーの話では、姉のキャラクターを最新作に加えるべく、J.J.エイブラムスとディズニーのためにも強く働きかけたという。

「このように進んでくれて嬉しい。J.J.エイブラムスのおかげだ。これは本当に魔法のようで、私たちみんなにとっても重要なものとなるだろう。」と彼は言う。だが、ファンは心配する必要はない。彼女のスクリーンでの登場はCGでつぎはぎされるとの噂もあったが、フィッシャーの話によると、フォースの覚醒のときに撮影された彼女の未使用映像がたくさんあり、スター・ウォーズの新作に組み入れるには十分だという。

フィッシャーはスター・ウォーズのネタバレをすることはないものの、製作チームはまさに昨日撮影されたかのように彼女をストーリーに加えることができるとし、それを”魔法”と呼ぶ。

トッド・フィッシャーはすでにEP9のストーリーを把握していて、キャリー・フィッシャーの未使用映像も全て目を通しているようですね。その上で、”まさに昨日撮影されたかのように”違和感なく登場させられるという印象をもったようです。

©Lucasfilm

ちなみに、『最後のジェダイ』の未使用映像も使われると説明されているのですが、ライアン・ジョンソン監督は「未公開カットの中にそれほど重要なシーンはない」とも発言しています。

個人的にはEP7のレイアの衣装はあまり好きではないため、その辺はどうするのかな?と関心があります。キャリー・フィッシャーの未公開カットをそのまま使用するとのことなのですが、コスチュームに関してはCGで新しい衣装が再現される可能性はありそうです。

Source: ET Canada


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です