『エピソード9』レン騎士団のフォース能力、”アンナチュラル”なパワーとは


『スター・ウォーズ エピソード9』では、レン騎士団(ナイツ・オブ・レン)がついにデビューを果たすのか。個人的にはレン騎士団の登場に一番期待しているのですが、それについて気になる情報が入ってきました。

MSW(MakingStarWars.net)はパインウッドスタジオ内部の情報源から聞いた話として、レン騎士団に関して以下の内容を伝えています。

春頃に聞いていた話では、彼らは「フォース能力を有するマーセナリー(傭兵)」ということだったが、それが今では、「たくさんのスペシャルアビリティもつグループ」との内容にシフトチェンジした。どうやら一部のメンバーは”アンナチュラル”なパワーを使用するものとみられる。

レン騎士団フリークの私にとっては大注目の情報です。

「フォース能力を有するマーセナリー(傭兵)」「たくさんのスペシャルアビリティもつグループ」「アンナチュラルなパワー」…。

いやー、これは期待度マックスですね。

ちなみに、J.J.エイブラムス監督は以前のインタビューで、「キャシー・ケネディは全て上手くやっている。私としてはもっとこうしたいというものは特にない。ただ、あえてひとつ挙げるとすればナイツ・オブ・レンのストーリーだ。これはとてもクールな話ができると思う」(2016年7月18日、Colliderより)と語っており、レン騎士団についてなんらかのアイデアがあることがうかがえます。

©Lucasfilm

EP9はJ.J.エイブラムス監督が再びメガホンを取ることもあり、レン騎士団が登場する舞台は完全に整ったといえそうです。

Source: MSW


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。