『エピソード9』ケリー・ラッセルと出演交渉中、”激しい戦闘シーン”がある役


『スター・ウォーズ エピソード9』に女優のケリー・ラッセル(Keri Russell)が出演する可能性があるようです。

J.J.エイブラムス監督は1998年の『フェリシティの青春』で初めてTVドラマに進出していて、そのときに主役を演じたのがケリー・ラッセルです。また、ふたりは『ミッション:インポッシブル3』(2016年)でも一緒に仕事をしています。

Variety誌の独占記事によると、現在ルーカスフィルムはケリー・ラッセルと出演交渉中で、演じるのは激しいアクションと戦闘シーンがある役だといいます。

演じるのは激しいアクションをともなう戦闘シーンがある役だ。ラッセルは過去にも『ジ・アメリカンズ』『ミッション:インポッシブル』『猿の惑星:新世紀』で、タフなスタントが出来ることをみせている。

エイブラムスとルーカスフィルム幹部はここ数か月間、何人かの女優と面談を重ねていて、6月4日の休日の前にラッセルに決定した。今月下旬の撮影開始前に、エイブラムスはさらに二人の役者を選定するようだ。

どうやらケリー・ラッセル以外にも、二人の重要な新キャラクターが存在するようです。

ケリー・ラッセルに関しては、”激しいアクションをともなう戦闘シーンがある役”とされ、いったいどんなキャラクターを演じるのか気になります。可能性としては、

  • レジスタンスに新しく仲間に加わるキャラクター。アウターリムからの援軍?
  • ルークの元弟子
  • レン騎士団のひとり
  • その他

…と可能性は色々あるのですが、J.J.エイブラムス監督とケリー・ラッセルの関係を考えると、出番の多い重要な役であることは推測できます。激しいアクションと戦闘シーンがある新女性キャラということで、敵なのか味方なのかそれすら分からないものの、いずれにせよ楽しみな要素となりそうです。

Source: Variety


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です