『ゲーム・オブ・スローンズ』ベニオフとワイスのスター・ウォーズ映画、三部作となる模様


昨年の2月、『ゲーム・オブ・スローンズ』の製作者で知られるデイヴィッド・ベニオフとD.B.ワイスが、”スター・ウォーズの映画シリーズ”の脚本とプロデュースを務めることが発表されて以降、特に続報がないままあれから約一年が経過。

これまでの予想では、公式発表のときに「映画シリーズ」と表現していたことから、少なくとも2作品は計画されているものと考えられていました。

しかし、HBOの社長が明らかにした話によると、ベニオフ&ワイスには「3作品の映画がオファーされている」とのことで、どうやらふたりのスター・ウォーズ映画はトリロジーになる可能性が出てきました。

ベニオフ&ワイスの今後の予定

HBOの社長が今回、ベニオフ&ワイスの将来の予定についてコメントしたのには、ふたりのスケジュールに理由があります。

経緯を簡単に説明すると、2017年7月、デイヴィッド・ベニオフは『ゲーム・オブ・スローンズ』のファイナルシーズンの後、ワイスと共にHBOの新テレビシリーズ『Confederate』(以下、コンフェデレート)を製作することを発表。

しかし、翌年の2018年2月、ルーカスフィルムはふたりがスター・ウォーズの映画シリーズを手掛けることを公式アナウンスしたことで、『コンフェデレート』の先行きは不透明となり、HBOの同TVシリーズは中止になるとの一部報道も出ていました。

このことについて、HBOの社長であるCasey Bloysは、「『ゲーム・オブ・スローンズ』のファイナルシーズン後、ふたりはスター・ウォーズの世界に行くことになるが、それが終わってからは、また我々のもとに戻ってきてくれるだろう」と話し、次のことも明かしています。

彼らは映画を3つオファーされていて、(コンフェデレートの)延期はそれに関係している。

スター・ウォーズに行っちゃダメだなんて、そんなことを誰にも言えないよ。彼らも大好きなんだ。これは子供の頃からの夢だよ。ふたりは向こうへ行くことになる。だけどね、ふたりもテレビが大好きだから、また戻ってくることは分かっている。

どうやらHBOの社長の話では、ふたりにはスター・ウォーズ映画が3作品オファーされている模様です。どうもニュアンス的には、まずスター・ウォーズ映画を1作品終わらせて、いったんHBOの新TVシリーズに戻って、その後、またスター・ウォーズに戻ってくる…というスケジュールなのでしょうか。

いずれによ、私も『ゲーム・オブ・スローンズ』が大好きなので、このふたりがいったいどんなスター・ウォーズの映画をつくるのか、今からもう楽しみでもあります。

そういえば、今年の12月にはエピソード9の公開が控えているものの、2020年以降の映画プランについてはまだ公式発表はなく、不透明な状態が続いています。4月のSWセレブレーションでは、ベニオフ&ワイスとライアン・ジョンソン監督の映画プロジェクトについても新しい情報があるのでしょうか。この辺にも注目です。

Source: TVLine


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。