『スター・ウォーズ / 反乱者たち』アソーカ・タノが狼に? プロディーサーが否定


『スター・ウォーズ / クローンウォーズ』と『スター・ウォーズ / 反乱者たち』の人気キャラクターであるアソーカ・タノ。彼女は『反乱者たち』のシーズン2の最終話でかつての師、ダース・ベイダーと対決することになるのですが、それ以降は生死不明の扱いとなりアソーカの行方は分からない状況がこれまで続いてきています。

実はアソーカの運命について人気のセオリーが存在し、そのことは以前の記事でも取り上げました。

『スター・ウォーズ / 反乱者たち』アソーカ・タノがシーズン4で再登場か

アソーカが狼として再登場するというのは一見突飛なようですが、それまでの経緯を整理するとなかなか説得力があるようにも思えます。

しかし今回『反乱者たち』の製作者でありプロディーサーでもあるデイブ・フィローニ(Dave Filoni)が、自身のTwitter上でこの人気セオリーを否定するかのような画像を掲載しています。

誕生日、ファンにプレゼント

デイブ・フィローニは本日43歳の誕生日を迎えるにあたって、ファンに対してお礼の証としてアソーカの絵を提供。それによるとアソーカは”NOT THE WOLF”、狼じゃないよと説明しているようにみえます。

フィローニはこの画像が事実確認、状況整理のために役立つだろうとしています。

そうなるとやはり”アソーカが狼として再登場”というセオリーの可能性はなくなったといえるかもしれません。(フクロウについては否定していないものの、それはひとまず置いておく)

しかしながら4月に開催された”Star Wars Celebration 2017”では、デイブ・フィローニ自身が”AHSOKA LIVES!”と書かれたTシャツを着用しています。

©/Film

そうなるとアソーカはシーズンファイナルを迎えるシーズン4で再登場することになることが予想されるわけですが、素朴な疑問として”ダース・ベイダーがアソーカのとどめを刺さないで見逃すことがあり得るのか”ということです。

シーズン2最終話の描写からは寺院が崩落している様子が分かることから、2人の対決に決着がつく前に建物が崩れ、戦いはそこで終了したのでしょうか。

あるいはそれ以外の策を練って、何らかの方法でアソーカを登場させることも考えられます。

可能性として高いのは、アソーカはあの勝負で命を落としたが、”フォース・ゴーストとして再登場する”という展開かもしれません。

まあ何はともあれ、フィローニ誕生日おめでとう。

Ahsoka Star Wars Card Trader

©Disney XD

©Disney XD

ahsoka wolf rebels season 4 trailer

©Disney XD / Season 4 Trailer

©Disney XD / Season 4 Trailer

Source: SWU

関連記事:
『スター・ウォーズ / 反乱者たち』アソーカ・タノがシーズン4で再登場か
『クローン・ウォーズ』ボバ・フェットvs.キャド・ベイン 幻の決闘シーンを描いた未公開映像