オビ=ワンの弟

『オビ=ワン・ケノービ』第三話にて、オビ=ワンが記憶の中にかすかに残る弟について話す場面があった。

短いがなかなか真に迫ったシーンで、自分としてはかなり強烈なインパクトを感じた。

そういえばジェダイがオーダーに入る前の記憶をさかのぼるというのは極めて珍しい。しかもこれは他でもないオビ=ワンだ。貴重なエピソードであり、それだけに重要なメッセージが込められていた。

失った家族

オビ=ワンが失った人生の一部。家族と一緒であれば築けたであろう、幸せな思い出の数々。ジェダイ・オーダーが強いてきた自己犠牲──。正義のためとはいえ、本当にその価値があったのか?オビ=ワンの頭にその思いがよぎる瞬間だ。

彼は人生の目的を失っている。これはドラマ序盤を通しても描かれてきた。かつての姿からはほど遠い“壊れた将軍”は、フォースとの繋がりすらも途絶えかかっている。このような辛く厳しいときにこそ、信仰心が試されるものだ。

そこにレイアが訪れる。くしくもこの子も幼いときに兄妹から引き離されていた。なんの因果か、オビ=ワン自身がそれに関わった張本人なのだ。

レイア、君は知らないだろうけど、本当はまだ血を分けた家族が存在するんだよ。君は独りぼっちではないのだよ。オビ=ワンのことだ、そのことが喉まで出かかったにせよ、どうしてもそれだけは明かすことができない。

しかし、たとえ大いなる目的のためとはいえ、はたしてそのために家族を奪ってもよいのだろうか?

フォースの感受性をもつ子供たちは、幼い時期にジェダイ・オーダーに“選ばれ”、檻の中で生涯を送る。オビ=ワンはその歯車の一部だった。そうして組織のために身を粉にして働いてきた。だが今、あれやこれやの出来事を思い浮かべたとき、それでもその価値があったと言い切れるのだろうか。

人は誰しも家族と一緒に暮らすべきだ。人間が生来持つ権利をもてあそんでいいはずがない。

だが、ジェダイ・オーダー崩壊を前にしてもなお、オビ=ワンは疑うことなく「家族を引き裂く道」を選んだ。悲しいかな、彼は外の世界の生き方を知らなかったのだろう。

これはジェダイにまつわる悲劇の連鎖なのだ。何気ない一コマだが、こうしてみれば、なかなか深いテーマが秘められている。

ディズニーデラックス

ディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、スターの名作・話題作が定額見放題で楽しめる!