キーラの生存確認、映画『ハン・ソロ』の13年後

なるほど、こう来たか。てかやっぱ生きてたか。

話題となっているのは連載中のコミック『War of the Bounty Hunters』。舞台は『エピソード5 帝国の逆襲』の直後、カーボナイトされたハンがジャバに送り届けられる道中。ここでフードを被った“謎のキャラ”が登場し、ボバ・フェットからハンを盗み出すのだ。

ボバから奪い取るとはなんともずる賢い奴だ。こんな大胆なことをしでかしたのはいったい誰なのだろう?コミックのラストではこの気になる人物の正体が判明する。それは…そう、元カノのキーラだ。

一応タイムラインを確認しておくと、映画『ハン・ソロ』から約13年後にあたるわけだが、この段階ではまだキーラは健在であることが分かる。

コミックで判明した内容を簡単にまとめると、

  • 映画から13年後
  • キーラはクリムゾンドーンのリーダー
  • クリムゾンドーンの再興をはかる

とこんな感じ。

キーラの思惑としては、反乱軍、帝国、ハットカルテル、バウンティハンターetc、これら全てが「ハンで繋がっている」と考えており、ハンの身柄を利用してなにやら悪だくみを実行に移すようだ。おそらくアンダーワールドでのパワーゲームを仕掛けるのだろう。

© Lucasfilm Ltd.

それはそうとさすがはキーラ、コミックの絵だけでも花がある。コミックはまだ第一巻とあり、今後もしばらくは顔を出すものと思われる。

ここで俺の大胆予想。これ多分レイアがキレてやってくる話だろ。なんとなく読めてきた。

Source: IGN

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!