ハイ・リパブリック小説『The Rising Storm』、一部抜粋を読んだ感想

ハイ・リパブリックのアダルトノベル第二弾『Star Wars The High Republic: The Rising Storm』(キャバン・スコット著、6月29日発売予定)。

発売に先駆け、一部抜粋がすでに3つも公開されており、しかもそのうちのひとつはプロローグからだ。当然全部読んだわけだけど、いやーこれは待てない!なおさら楽しみになってしまった。

本作は小説『Light of the Jedi』の続編にあたるとは説明されていたが、プロローグを読んだ感触としては思った以上に“正統派続編”であることが判明した。コミックのようにキーイベントの直後というわけではなく、あれから数か月後の銀河が舞台だ。

『Light of the Jedi』エピローグの話が『The Rising Storm』のプロローグにてそのまま展開されているのは実に面白い。以前の感想記事であれこれ書いたのだけど、あのエピローグに俺の気持ちがガッチリわしづかみされてしまったわけだよ。すっかりエルザー・マンに感情移入してしまい、この先どうなるのだろうと少し悶々としていたんだよね。

© Lucasfilm Ltd.

『The Rising Storm』のプロローグはエルザー・マン視点であれから数か月後の話が進むとあり、これはとても嬉しかった。前作のラストで経験した“謎のダークビジョン”。この真相を探るべく、エルザーは躍起になっていた。それはそうと、エルさん、案の定エヴァのことが頭から離れなくなってる(笑)まあそりゃそうやろな。

エルザー・マンはカイロ・レンとクワイガンを足して二で割った感じかな?めっちゃ適当な例えだけど。カイロのような反逆者で、それでいて不器用な奴だ。俺が気になるのも無理はない。

いやしかもね、何が気になるってエヴァとの関係だよ!この先どうなるんだよこのふたりは。

さらに今作ではエルザーとエヴァの幼馴染である「ステラン・ジオス」もついに満を持して登場するのだ。小説のカバーではセンターに堂々と映ってるくらいだ、間違いなくそうなるはずだ。ハイ・リパブリックにおけるトリオともいえるエルザーとエヴァとステランだが、今のところはステランはいずれの作品にも一切フィーチャーされずに現在まで至っている。

結果的にエルザーとエヴァは自分の超お気に入りキャラにまで昇華したわけだが、こうなるとステランの描き具合にも俄然期待が高まる。

© Lucasfilm Ltd.

『The Rising Storm』で楽しみなのは

  • ステラン・ジオスと幼馴染ふたりの距離感
  • エルザーとエヴァの関係性
  • マーキオン・ローのバックストーリー

こんな感じだろうか。いやもちろん物語自体にも興味はあるのだけどね。

そうそう、公開された抜粋のひとつはマーキオン・ローのエピソードで、それによると今作ではマーキオンの過去が徐々にひも解かれていくようだ。なにやらマーキオンの一族はジェダイと確執がある様子だが、いったいこれがどのようにストーリーに関係していくのか。

マーキオンは一応今のところはシスでもダークサイドのフォースユーザーでもない。とはいえ、黒い影はすでにチラついているのだ。はたしてどうなることか。

Source: starwars

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。