マスター・ルークが話す「フォースの原理」、カイロ・レンのコミックより

ルークの説明が素晴らしい。

たしか2月頃だったかな?そのときに見かけて、ルークの言葉に思わずうなずいてしまった。

いつか話そうと思って、結局今の今まで忘れていたわけだけど(笑)また忘れる前にここで書いておくことにする。

該当のシーンが登場するのは、ベンの過去を描いたコミック『Star Wars: The Rise of Kylo Ren』から。ルークのジェダイテンプルで学ぶ生徒たち。フォースのトレーニングに励んでいるものの、ベンと比べてなかなか成果が出ず、生徒のひとりが愚痴をこぼす場面だ。

ここでルークはフォースの働きについて言及する。

©Lucasfilm Ltd.

ベンはお前らよりも強いわけじゃないぞ。そうじゃないんだ。

フォースはな、滴り落ち、流れとなり、川にも洪水にもなる。それを感じることができる全ての者にとってそうだ。

自分を扉だと思ってみるといい。大きく開けば開くほど、フォースはより簡単にお前の中に流れ込んでくる。ある者の扉は最初から他よりも少し大きく開いているだけなんだよ。だけどな、全ての扉は大きく開ける。

このフォースの表現って素晴らしいと思うんだよなー。

フォースが多少強くても、それは単に他の者よりもスタート地点が先なだけなんだよ。「訓練次第で追いつくことができるんだぞ。だから諦めることはない」とルーク先生は語っているわけだ。

ベンとレイはフォースの素養に恵まれていて、たしかに力が目覚めるのが早かった。ルークの言葉を借りれば「すでに扉が大きく開いた状態」だったのだろう。しかし、だからといってふたりが他の生徒よりも勝っているわけではないのだ。フォースの感受性があれば、いかなる者に対しても扉は大きく開かれる。それがフォースの原理だ。

さて、ここでミディ=クロリアンの話を持ち出したい。20年前に話題になった例のアレです。

いやこれさー、なんか戦闘力みたいに思われがちじゃないですか?この値が高かったら最強みたいな。でも今回のルークの説明を借りると、ミディ=クロリアンの数値はすなわち「扉の開き」を指している、と考えるのが自然だと思うんだよ。

フォースセンシティブの中でもミディ=クロリアンが特に高い連中は、要するに最初からフォースがドバーーと流れ込んでくる状態なのだろう。その最たる例が、ベンとかレイとかルークとかアナキンとかベビーヨーダetc…。俗にいう「(監督に)選ばれし者」だ。このようにフォースが特段に強い連中は、成長曲線が普通と違ってもなんらおかしくない。

ちなみにこのコミックの著者チャールズ・ソウルは、来年開始の『ハイリパブリック』シリーズを指揮する人物で、小説第一弾『Star Wars: Light of the Jedi』も担当している。というわけで、フォースのスピリチュアルな面の描写は心配しなくていいと思っている。

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!

8 thoughts to “マスター・ルークが話す「フォースの原理」、カイロ・レンのコミックより”

  1. light of the jedi 楽しみですねー
    自分は洋書を読んだことがないので今からどきどきしているのですが笑

    確かにミディクロリアン値ってドラゴンボールの戦闘力というよりはフォースをどれくらい受容しやすいのか数値化したってイメージですね
    最近翻訳が出たジェームズキャメロンとの対談集(買ってないです笑)でも
    血中の微生物であるミディクロリアンはフォースを媒介する役割をしているって言っていましたしね

    フォースの意思→ミディクロリアンを経由→身体で感じるという順序なんでしょうけど、なんか唐突な新設定だし、説明が科学的すぎるから面食らうですよね、コレ笑
    (ちなみに自分はEP1は大好きです…2と3はヘイデンやグラフィックスがねぇ…まぁプリクエル全部映画としての脚本や演出はアレだと思いますが、SWとしての良さと映画としての良さは自分の中で別の評価軸なので…)

    このシーンはフォースの思想を詩的に表現していて、いいと思います!

    1. 俺と感想似てますねー。自分もEP1は好きなんすけど、2と3はね…。ヘイデンアナキンが色々キツイ。ファントムメナスは外でロケしてるだけあってまだ臨場感があった。

      でも、3で唯一(?)好きなのがオペラシーンなのだけど、あそこのパルパティーンのセリフがTROSでそのまま出てきたのが面白いんですよ。師プレイガスがもっていたミディクロリアンの知識と闇の秘術を組み合わせて、魂をクローンの入れ物に移したり、息子やスノークを作ったりしていたという。

      1. EP3のあの場面はJJも褒めてましたね!

        確か初期のドラフトだと、あの場面でパルパティーンが
        “I am your father.”を告げる構想もあったそうですね。
        シミのミディクロリアンを操作して人為的にアナキンを創造した、という…

        結局ボツ設定になりましたが、
        カノンのコミックでアナキンの妄想?としてそれが描かれたのが、前後を抜かれてそこだけ切り取られて、公式設定になった!とデマが流れたりもしましたね。

        まぁ、アナキン作れるのが公式だとしたら、なんでエマージェンシープランで生まれたのが、スノークや「息子」のように不完全なクローンなんだろうって話ですしね

      2. あーなんかそういう話ありましたねー。

        そういえばTROSでもJJはレイ・パルパティーン設定をギリギリまで悩んでいて、撮影に入っても決めかねていたらしい。インタビューで「過去を注意深くみれば、パルパティーン再登場が必然なのは明らかだ」みたいなことを発言していたけど、俺はこれなんとなく分かるんですよ。

        例えばEP1の本を読んでみると、ルーカスは「5つのプロットで構成され、全てはパルパティーンに収束する」と説明していた。

        始まりがあそこなら、終わりもここに持っていきたいというのがあったのかもしれない。あとオリジナルキャストを実写で使えるラストチャンスだからファンサービス精神もあっただろうし。

      3. JJはTROSのときに1〜9までを一冊の本に見立てて完結編を作りたいとよく言っていましたね。

        ・ファンサービス
        ・パルパティーンが始めた物語だからこそピリオドも彼の完全な消滅だと収まりがいい

        というのは分かるのですが、
        もし本当に「パルパティーンが生命を操って始めた物語」だとしたら、「最終的に自分自身の生命を操り、そして自分が生み出した存在に反逆されて終わる」、とすると綺麗だなぁ、とちょっと妄想してしまいます。
        EP3のあのセリフが引用されてるのも意味深だし、そもそもEP3のあの場面の背景が精子と卵子みたいなのも気になるんだよなー…

        まぁ、さらに後付けのTCWのモーティス回とか見ると、”選ばれし者”ってもっと超越的なのかもと思い直しますが

        だから、個人的には
        バランスが30年で崩壊したのは、アナキンがザ・ワンズの跡を継ぐ選ばれし者としての資格を失って予言が完璧な形で果たされなかったからで(読んでないですが、わりと最近のレジェンズがそういうストーリーだったらしいですね)
        、だからこそパルパティーンが生きてたし、光と闇に真にバランスをもたらす具体的な方法=フォース・ダイアド(光と闇の一対)になり、
        片方が”スカイウォーカー”だとしたら対は無名の存在より”パルパティーン”の方が相応しいから現在の形になったのかな、と思っています

        SWは光と闇のバランスが大きな問題の源となっていて、その中心にパルパティーンとアナキンの謎があるので、完結編でもそこにスポットライトが当たるのは確かに必然だと思います。

        まぁ、結局その辺りの答えを1〜100まで説明することはなかったですが…笑

        それと同じ話なのですが、EP8の第3のレッスンも、謎ですよね。

        クリステリオだったら、9のオクトーの場面で「これが第3のレッスンだ」とか言わせるタイプだと思うのですが、そうしなかったということは「恐れに立ち向かうのがジェダイの運命」とは違う内容なのかなと思います。

        だから、ジェダイが滅びるべき3つの理由という講義で、常にバランスの話をして、サブテーマが1.フォース2.ジェダイだとしたら3つ目は”スカイウォーカーの正体”なんじゃないかと妄想してしまいます…

      4. おお、考察が凄い!俺はぶっちゃけあの「選ばれし者」設定好きじゃないんでその辺適当なんすよ(笑)どうせいつの時代もヒーローは現れるから問題ないやろ!と思ってます。

        「選ばれし者」ってなんか物事が事前に決められていたみたいで、主人公の自由意思は?とか、運命は自分で切り開くものなんじゃないの?とか思うわけですよ。ベイダーは息子への愛で人の心を取り戻したはずなのに、そこに運命論持ち出すとストーリー台無しにならないかなーって。まあルーカス的にはそっちが正解なのかもしれないけど。

        ヨーダも「預言を見誤ったかもしれん」みたいにトーンダウンしてたから、俺はそんなに重要視してないです。そもそも預言といっても誰がどこで言ったかも不明(?)っぽいし。

        預言がいう「フォースのバランス」が何なのか分からないけど、帝国支配は20年ちょい、ファーストオーダーも1年くらいだから、ダークサイドの天下ってスッゴイ短い。ヨーダもマズも1000年近く生きていて、チューイですらも200歳だから、多分あいつらにしたら誤差の範囲内じゃないっすかねー。

  2. 自分ここら辺の設定大好きなんですよ!笑

    だから、フォースについて断片的にまとめられている「ジェダイの哲学」って本は何回も読み直してます。
    光と闇の関係性ってハリポタみたいに善と悪の対立構造じゃなくてバランスが重要っていう思想がまず面白い。

    確かにそうですね、予言ってかなり不明瞭だし、ローグワンとかロストミッションを観る限り、公になってない設定がいろいろありそうってことしかわからない笑
    あと、あの銀河の寿命と支配のスパンの話は全然考えてませんでした笑

    でも、やっぱり少しずつ開示されてくんですかね?
    EP8のプライム・ジェダイのモザイク画とか、意味深な設定はありながら、ゲースロの監督の新作で明かすために、本編ではほのめかす程度でしたからねー
    まぁ、多分あの企画白紙になったんでしょうけど…

    ハイ・リパブリックはまた新情報が分かりそうで超期待してます!

    1. その本なんか聞いたことある。書籍ってやっぱり論理立てて詳しく書いてあるから、そういうの読むと俺も考えが変わるかも知れないなー。

      スカイウォーカーサーガも終了したし、これからはいよいよ新しい領域に突入しそうですね。そういうのはホントに楽しみ。

      あと、最近コメントありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。