スター・ウォーズ映画公開、1年延期を発表

2022年に公開を予定していたスター・ウォーズ映画最新作だが、公開予定を1年延期することが決定した。

アメリカ国内でCOVID-19が広がりをみせるなか、ディズニースタジオは本日、声明を発表し、スター・ウォーズとアバターの続編は1年、ムーランは無期限の延期となることが明かされている。

ディズニースタジオの声明文は次のとおり。

この数か月の間、世界的に健康上の懸念がある中で、映画のリリース日を定めるのは無理であることが明らかとなった。そして今日、どうすれば世界中の観客に効果的に映画を提供できるかを模索する間、ムーランの公開計画をいったん休止することにした。

ジェームズ・キャメロン監督もツイッター公式アカウントにて『アバター』続編の延期について説明している。

https://twitter.com/officialavatar/status/1286406755698634752

というわけで、スター・ウォーズ映画最新作もアバター同様に1年先送りとなるようだ。新しい公開スケジュールによると、今後の映画公開(いずれもタイトル未定)はそれぞれ

  • 2023年12月22日
  • 2025年12月19日
  • 2027年12月17日

という流れだ。

Source: The Wrap

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。