スター・ウォーズ映画作品と実写ドラマシリーズが2本同時に公式アナウンス!

5月4日「スターウォーズの日」に合わせて、映画と実写ドラマの2作品が公式発表。ともにリリース時期は不明です。

映画作品の監督を務めるのは、『ジョジョ・ラビット』で今年のアカデミー賞を受賞(アカデミー脚色賞)したタイカ・ワイティティ。脚本は同じく今年のアカデミー賞で受賞作品(3冠)となった『1917 命をかけた伝令』のクリスティ・ウィルソン=ケアンズという組み合わせです。

なかなか凄いメンツですね。

ファンとしては気になるのが公開時期ですが、タイカ・ワイティティが監督するマーベル映画『Thor: Love and Thunder』の公開予定が2022年。一方、スターウォーズの映画最新作となる未タイトル作品も2022年公開と重なります。

というわけで、これまでの公開スケジュール日程に追加更新がない限り、今回新発表となった映画タイトルは少なくとも2024年以降のリリースになるものとみられます。

そしてそれプラス!

先日、報道のあったレスリー・オーランド(『ロシアン・ドール:噂のタイムループ』でエミー賞を獲得)が送り出すスターウォーズ実写ドラマシリーズも正式発表されました。

ディズニープラスの新作『スター・ウォーズ』シリーズが進行中 ─ 女性のアクションスリラー

このシリーズはレスリー・オーランドが脚本兼プロデューサー、製作総指揮を担当。ディズニープラスの独占タイトルです。

すでに発表されているスターウォーズ実写ドラマシリーズは

  • マンダロリアン(シーズン2)
  • キャシアン・アンドー
  • オビ=ワン・ケノービ

の3タイトルですが、今回これに合わせて新たに第4のシリーズもラインナップに加わったことになります。

レスリー・オーランドの本シリーズも現在のところ、リリース時期は不明。

Source: starwars

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。