『スカイウォーカーの夜明け』の“ウィルヘルムの叫び”、ルーカスの声を使用 ─ 最後のジェダイとローグ・ワンも

スター・ウォーズの伝統ともいえる“ウィルヘルムの叫び”ですが、『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』での知られざるエピソードが浮上しています。

ウィルヘルムの叫びとは

ウィルヘルムの叫びは『スター・ウォーズ』をはじめとする多くのヒット映画や、テレビゲーム・テレビ番組などで使用されたことにより有名となった。

というもの。

スカイウォーカー・サウンドのマシュー・ウッドいわく、『ローグ・ワン』と『最後のジェダイ』では“ウィルヘルムの叫び”から離れ、別の音源を使用したことが説明されています。つまり厳密には、すでに廃止されてしまったウィルヘルムの叫び。

いわば「ウィルヘルム・フリー」の状態で迎えた今作ですが、ではいったい現在使用されている叫び声は何なのか。その真相が明らかとなっています。

ジョージ

ABC NEWSが情報源から得た話によると、『スカイウォーカーの夜明け』で使用された叫び声の主はなにを隠そうあのジョージ・ルーカスだったとのこと。

そう、ルーカス本人の叫び声です。

記事では、この音源は1973年の『アメリカン・グラフィティ』のときに録音されたもので、社内では愛を込めて“The George”と呼ばれていることを伝えています。

また、ルーカスの叫び声は『ローグ・ワン』と『最後のジェダイ』を含む複数の映画ですでに使用されているようです。

ちなみにマシュー・ウッドは『スカイウォーカーの夜明け』で“特別な叫び声”を使用したことは認めるものの、具体的にそれが何の音源で、どの場面に登場したかは明かしていません。

©Lucasfilm Ltd.

うーん、今作ではいったいどこで登場したんですかね?自分はこういうのに全く気付かなくて、いつも後になってユーチューブで確認してようやく分かる、といった感じです。

さらに音源絡みのイースターエッグをもうひとつ。

シスの惑星エクセゴルに集ったシス信奉者たちですが、彼らが発していた掛け声はサンスクリット語で「リベンジ、ソウル、キル」の意味を表す言葉。声優のサム・ウィットワーがこのフレーズを考案したとのこと。

Source: GMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。