『スター・ウォーズ ハイ・リパブリック』がアナウンス! ─ スカイウォーカーサーガの200年前、ジェダイ最盛期の物語

本日、メディア向けに『プロジェクト・ルミナス』のイベントが開催され、謎めいた本プロジェクトの詳細がついに明かされました。

ルーカスフィルムはスカイウォーカーサーガの200年前が舞台となる『ハイ・リパブリック』(Star Wars: The High Republic)シリーズを発表。早くも8月から関連書籍(小説、ヤングノベル、コミックなど)がリリース開始となります。

やっぱり噂は正しかった!200年前の銀河が舞台ということで、馴染みのあるキャラクターからは離れ、これまでとは一線を画す新しい物語が始動することを意味します。これはかなり画期的だ。

現段階では気になるストーリーやプロットについては多くは語られないものの、プレゼンテーションで一部紹介された内容によると、基本的な世界観は次のようなものです。

スカイウォーカーサーガの200年前、ハイ・リパブリックと呼ばれる時代の物語。ジェダイが最も栄えていた時期にあり、銀河に新たなハイパースペースレーンが作られたことで共和国は拡大の最中にあった。

『LIGHT OF THE JEDI』

チャールズ・ソウル著『LIGHT OF THE JEDI』(アダルトノベル)8月25日発売

スターウォーズのコミックファンの間ではよく名の知れたチャールズ・ソウルですが、今回送り出すのは小説作品。『ハイ・リパブリック』シリーズの第一弾は本作品で幕を開けます。

©Lucasfilm Ltd.

【作品概要】

『ファントム・メナス』の出来事より200年前、栄光あるハイ・リパブリックの時代。聡明で気高いジェダイ・ナイトたちは恐ろしい脅威 ─ 自分自身、銀河、フォースそのもの ─ と対峙しなければならない。

本小説は開始早々、いきなり“大災害”(The Great Disaster)と呼ばれる出来事が発生します。どうやらこの大惨事は『ハイ・リパブリック』シリーズのキーイベントとして、他の作品にも関わってくるようです。

物語は大災害と称される出来事から始まる。この事態にジェダイはいかにして対処したのか、それが語られる。

(主人公について)中央の女性はフォースを音楽のように感じる。彼女はそれを曲として聞くのだ。

ウーキーのジェダイは色々な意味でとてもセンシティブなジェダイ。

『A TEST OF COURAGE』

ジャスティナ・アイルランド著『A TEST OF COURAGE』(ヤングノベル)9月8日発売

ジャスティナ・アイルランドが手掛ける小説。こちらは中高生向けのタイトルです。

©Lucasfilm Ltd.

【作品概要】

銀河広域に及ぶ大惨事の影響で、輸送船が突如、ハイパースペースから投げ出された。

まだ10代で駆け出しのジェダイ“バーネストラ・ルウォー”(Vernestra Rwoh)、若きパダワン、大胆不敵なハイテク少年、外交特使の息子。ジャングルの月に取り残された一行は、危険な大地とその影にひそむ危機から身を守るため、一致団結しなければならない。

ジェダイ・ナイトになったばかりの16歳の少女が主人公。はたして彼女にその資格があるのか、それが試される。

『INTO THE DARK』

クラウディア・グレイ著『INTO THE DARK』(ヤングアダルトノベル)10月13日発売

『ロスト・スターズ』『ブラッドライン』『レイア・オーガナ オルデラーンの王女』『ファズマ』など、様々なスターウォーズ小説で知られるクラウディア・グレイの最新作です。

©Lucasfilm Ltd.

【作品概要】

銀河の首都コルサントから未開発のフロンティアへと送り出されたパダワンのリース・サイラス(Reath Silas)。彼はそれが嫌で仕方がなく、こんなことならジェダイ・テンプルにこもって、アーカイブを勉強していたほうがマシだった。

だが、銀河広域に及ぶ大惨事の影響で、旅の途中でハイパースペースから投げ出され、彼は危機的な状況に置かれてしまう。同行者と一緒に先を進み、そこで廃墟となったスペースステーションを発見する。

しかし、そこで奇妙なことが起こり始める。彼はミステリアスなステーションの背後にある真実を探ろうとするのだが、それが思わぬ悲劇へとつながる…。

クラウディア・グレイの小説史上、最もダークなトーンに満ちた作品になるとのこと。

ヴィラン

『ハイ・リパブリック』シリーズにてメインのヴィランとなるのが“ナイル”(The Nihil)と呼ばれるスペースバイキング。簡単に言えば、略奪を繰り返す荒くれもの集団です。

©Lucasfilm Ltd.
©Lucasfilm Ltd.

プレゼンでは、帝国やファーストオーダーとは異なるように意図的に作られたと説明。

ただ話を聞いていると、どうもメインヴィランはナイルだけではないなーというのが伝わってきます。例えばトレイラーでは「ジェダイにとって最も恐ろしいものは何なのか」というナレーションと共に意味深な画像が登場します。

©Lucasfilm Ltd.

なにやら大きな災いが訪れ、最盛期のジェダイナイトたちがその事態に直面するのでしょうか。『ハイ・リパブリック』シリーズは大規模プロジェクトと称されるだけあり、MCUのように各作品がひとつのポイントに集約されていく可能性があります。

ちなみに以前のリーク情報では「ジェダイがシスにとって神のような存在に遭遇し、争いに巻き込まれる」と伝えらえていたわけですが、やはりフォースのダークサイドがどこかで登場してもおかしくはなさそう。

Source: starwars

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。