『反乱者たち』続編が年内にスタート!? ストーリーのリーク情報が浮上

アニメシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』(原題:Star Wars Rebels)の続編に関するリーク情報が急浮上しています。

まあ信ぴょう性は…正直、よく分からんって感じなのですが、アニメ『レジスタンス』のときはなんの前触れもなくリーク情報がいきなり披露されたという過去があるため、一応今回の情報も紹介しておきます。

ただ、ここ2ヶ月くらいの間になにやら「ディズニープラス向けに未発表作品が製作中」との噂が様々な方面で取りざたされており、その後、どうやらそれが「アニメシリーズらしい」との情報も伝わっています。

可能性としては

  • ドクター・アフラ
  • 反乱者たちの続編

このどちらか、あるいは両方という線が濃厚のようです。うーん、どっちなんですかね。

まあそれはさておき、redditに投下されたリーク情報は以下の通りです。

反乱者たちの続編

  • リリース時期は2020年の後半、ディズニープラスにて配信
  • 現在はシーズン1のポストプロダクションの段階。すでにシーズン2にも着手している
  • ストーリーの舞台となるのは新共和国が誕生して間もない頃。共和国の議員も登場し、『ジェダイの帰還』後の銀河の情勢も少し描かれる
  • シーズン1では、アソーカとサビーヌはエズラを救うため、未知の領域へ旅立つ前の準備をしている
  • 帝国滅亡後に店を再開したカミーノアンがいて、アソーカは貴重なレリックを渡し、キャプテン・レックスを少し若返らせてもらう。レックスもアソーカとサビーヌの旅に加わることになる
  • また、シーズン1ではエズラとスローンのその後も描かれる。姿を消した後、二人の間には共闘関係が生まれていた
  • チス・アセンダンシーが登場する。チスの国はグリスク(Grysk)との戦争の真っ只中にあった。本シリーズではチスが主要な文明で、彼らの母星シーラ(Csilla)がメインのロケーションとなる
  • スローンには姪がいて、メインのキャラクターとして紹介される。彼女はフォースセンシティブで、チスの言葉で“スカイウォーカー”と呼ばれる子供のひとり。チスの国は彼女たちをナビゲーションとして使い、未知の領域における危険なハイパースペースのルート選択に利用していた
  • エズラと彼女は仲を深める
  • グリスクが主な脅威としてシリーズを通して描かれる。彼らはEUのユージャン・ヴォングとは違う外見をしている
  • グリスクは唯一の脅威ではなく、未知の領域にはそれよりもさらに邪悪な存在や現象が主人公たちを待ち構えている
  • 未知の領域にはバリアがあり、それにまつわる謎が存在する
  • ラカタ種族の最後の生き残りが登場する。彼は非常に強力なフォースセンシティブの戦士で、かつてラカタ帝国の繁栄時には冷酷な独裁者として君臨していた。このキャラクターはエズラの指導者役としての役割を担う。道徳的にはグレーゾーンに位置する人物
  • アニメスタイルはクローンウォーズと反乱者たちをブレンドした感じ
  • 本シリーズではダークで成熟したスターウォーズと、西洋のオカルトミステリーっぽい要素が扱われる

…とこんな感じ。

はたしてこれは本当なのか!?ただし一応、内容的には現在のカノン小説とも合致し、特に矛盾はないという中身です。

©Lucasfilm

昨年末は『スカイウォーカーの夜明け』がいよいよ公開ということで、ニュースもそちらに集中していたのですが、それと時を同じくして「2020年リリース予定の未発表作品が進行中」との噂も各地で浮上していました。

もしこれらの噂が本当であれば、新作アニメシリーズの制作も密かに進行していたのかもしれない。

Source: reddit

2 thoughts to “『反乱者たち』続編が年内にスタート!? ストーリーのリーク情報が浮上”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。