最新コミックで“ハイ・リパブリック”が言及、間もなく『プロジェクト・ルミナス』の情報公開へ

先日、突如浮上したキーワード“ハイ・リパブリック”(High Republic)。なにやら2022年公開予定のスター・ウォーズ映画次回作の時代設定に関わるとのことですが、このキーワードがまさに最新コミックにて登場しています。

話題となっているのは1月8日に発売されたコミック『Star Wars: The Rise of Kylo Ren』の第二巻。過去の回想シーンの中で、ルークはベンとロア・サン・テッカを伴い、アウターリムの外れを訪れ、そこでかつてジェダイのアウトポストだった遺跡を発見します。

ここでロア・サン・テッカの口から“ハイ・リパブリック”の単語が飛び出します。

これはおそらくハイ・リパブリックの時代だろう。銀河中をまたにかけジェダイの活動が大いに拡大していた頃だ。

©Lucasfilm Ltd.

またベンの語りによれば、この場所はアウターリムの外れでほとんど未知の領域に達しているとのこと。

これは先日のリーク情報ともピッタリ重なる!

一応、この間のリークをおさらいすると

  • 2022年の映画とプロジェクト・ルミナスはタイアップする
  • スカイウォーカーサーガの400年前が舞台となり、この時代はハイ・リパブリックと呼ばれる
  • アウターリムを超えて未知の領域を探索するジェダイの物語

という内容でした。

こうなると映画次回作とプロジェクト・ルミナスのリーク情報もかなり信ぴょう性が出てきたといえそう。

一方、『プロジェクト・ルミナス』について参加メンバーのひとりであるチャールズ・ソウルは、「これは非常に大きな箱庭」で各作家とも密に連携を取っていることを明かしています。

また、情報公開は「間もなくやって来る」とのこと。どうやらプロジェクト・ルミナスのお披露目が目前まで迫ってきているようです。

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!

One thought to “最新コミックで“ハイ・リパブリック”が言及、間もなく『プロジェクト・ルミナス』の情報公開へ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。