ルークの弟子がついに登場! コミック『Star Wars: The Rise of Kylo Ren』のプレビューが公開

12月18日に発売予定のマーベルコミック『Star Wars: The Rise of Kylo Ren』。チャプター1のプレビューが公開され、第一巻からの一部シーンが一足先に披露されています。

今回のプレビューによると、コミックに登場するルークの弟子は次の三人。

  • タイ(Tai)。スキンヘッドの生徒。
  • ヴォー(Voe)。女性の生徒。
  • へニックス(Hennix)。イカ頭のクオレン。

ジェダイ・テンプル崩壊当時はミッションにより惑星を離れていた三人組で、帰還した際に信じられない光景を目の当たりにします。

著者であるチャールズ・ソウルいわく「ベンと各生徒はそれぞれがユニークな関係を築いていた」とのことで、お互いの間には過去にも色々何かあったのかもしれない。

以下、公開されたチャプター1のプレビュー。

『ライズ・オブ・カイロ・レン』チャプター1

©Lucasfilm Ltd.

─ 現在。ルーク・スカイウォーカーのジェダイ・テンプル。

©Lucasfilm Ltd.

タイ「いったいなぜこんなことが?」
ヴォー「分からない…」
へニックス「今すぐ降りてくれ。早く助けないと」
ヴォー「助けるって誰を?下からは誰も感じ取れない。マスター・ルークでさえも…」
へニックス「ヴォー、誰かを感じる。感じるぞ」

©Lucasfilm Ltd.

ベン「お前ら三人か。そうだったな。お前たちは星を離れていたのか」
タイ「ここで何が起きたんだ?」
へニックス「マスター・スカイウォーカーはどこだ?」
タイ「ベン、マスター・スカイウォーカーはいったいどこなんだ?彼の存在が感じられないぞ」
ベン「タイ、奴は俺に襲い掛かってきたんだ。寝ている俺を殺そうとしたらしい」
ベン「あいつはもう死んだがな」
ヴォー「そんなのありえない。マスター・スカイウォーカーは私たちを傷つけるなんて決してしない。あなたもそうよ、ベン・ソロ。そんなこと出来るわけが…」

©Lucasfilm Ltd.

ベン「なんだ?ヴォー、いったいなんだ?俺には無理だというのか?俺のフォースはそれだけ強くはないと思っているのか?」
ベン「お前ら三人を合わせても、まだ俺のほうが強いぞ。スカイウォーカーは俺たちみんなを対等のように思わせていたが、お前らも本当は分かっているはずだ。このテンプルで俺は特別な生徒だった」
ベン「ついにそのときが来た。俺はルーク・スカイウォーカーより強かったんだ」
タイ「ちょっと待ってくれ、ベン。お前の話は…絶対におかしい。これにはまだ何かありそうだ。テンプル、マスター・ルーク、他の生徒たち…。いいからもっと聞かせてくれ」
タイ「お前が言うほどひどくはないはずだ」

©Lucasfilm Ltd.

ベン「ここで何が起きたかはもう話しただろ。この場所はデタラメだったんだよ。それが今終わっただけだ」
ベン「俺はここを去る。お前らもそうしたほうがいい」
ヴォー「ベン、あなたはどこへも行かない」
ベン「ほう」
へニックス「本当にやるつもりか…」
タイ「よせ、お前ら。何もするんじゃない。ベン…ここは話をしよう」
ベン「お前らはジェダイじゃない」

©Lucasfilm Ltd.

Source: starwars

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。